通院結果の続き。

2011110700.jpg

昨日の記事に続いて、
お次は眼の検査。

こたろうの眼は明らかに反応が鈍かった。

目の前の光にも眼をつぶらないし、
瞳孔の動きもすっごく弱い。

2011110701.jpg

もうあまりよく見えていないと思う。

小さいけど目に出血した傷痕があるよ。
あと老年性の白内障も多少はある。
でも、見えてないのはそれらが理由じゃない。
と、院長。

2011110702.jpg

こたろうの眼はPRAという病気だった。
進行性網膜萎縮(症)。

残念ながら、視力を失う病気だ。
治療法も無い。

2011110703,jpg

こたろうの眼の色が前とは違っているし、
振り向きざまに目の前のものにぶつかったり、
昼間はともかく、少し薄暗くなると
投げたおもちゃを見失ったりなんてことが
これまでしばしばあったので、
もうあまり見えてないんだろうな。
と思っていたんだよね。

そうか、初期症状だったか。

いつもの先生が
年齢による白内障とかじゃないっぽい。
って眼科専門の病院を紹介してくれたのは
正しかったんだねー。

2011110704.Jpg

いずれプールも雪遊びもできなくなる。
岩場の散歩も猫さんとの絡みもなくなる。
こたろうの眼が自分の姿を追わなくなるんだ。

そう思うとなんかちょっとアレだけど、
でもこれはもういい。

2011110705.jpg

この病気は痛みも不快感も無いんだそうだ。
こたろうが痛くも痒くもないならそれでいい。

発症後何年間かで完全に失明してしまうそうだけど、
治療法がないなら、悩むことも迷う必要もない。
こたろうはこのことで大嫌いな通院をしなくて済む。

この病気は両親からの遺伝が原因であることが多くて、
若い時期に視力を失ってしまうことも少なくないらしい。

でもこたろうは10才(正確には9才かな)まで
発症しなかったから、これまでずっと五感を
精一杯使って生きて来れたし、幸せだ。

2011110706.jpg

犬は視力以外の感覚が鋭いから、
他の機能でそれを補って、目が見えなくても
それほど不便なく過ごすというし。

それにこの病気は進行も比較的ゆっくりだから
犬が視力を失うことに順応しやすいんだって。

つまりは失明が先が寿命が先か。
ということになる。

大丈夫。見えなくなったって、
あたしがおりますよ。

2011110707.jpg

しかしこれはもうこたろうの視力があるうちに、
楽しいものとか好きなものとかはじめましてとか
たくさん見せてやらなきゃいけないな。

こたろうはささいなことでも
なんでもかんでも楽しそうにするので、
近い将来目が見えなくなっても
見えないなりの楽しみを
上手に見つけていくんだろうと思う。

PRAには治療薬がないということで
目の健康補助食品(サプリメント)と、
白内障用の点眼薬を処方してもらった。

2011110708.jpg

最後に、こたろう自身
これが一番堪えているであろう
長期にわたる全身のかゆみ。

こたろうは意外にデリケートで、
金属アレルギーで逆くしゃみ症候群になったり、
植物アレルギーで湿疹が出たり、
湿度や気候の変化ですぐ粉吹くので、
選択項目盛り盛りの超特盛りコースで
アレルギー検査してもらうことに。

2011110709.jpg

というわけで、

あるじ、
の懐、
激震。

こつこつこつこつこつこつ
地道に稼いだうん万円。

なんてあっさりあたしの財布から
去ってゆくのかしら。切ないわ。

あるじがんばるよ。

2011110710.jpg

こたはがんばらなくていいよ。

眼のことはあたしの力は及ばない部分なので、
なるようになって、なった状況に都度対応して
生きていくしかないのだなと受け止めています。

こたろうの死を覚悟した時に比べたら、
介護くらいちょろいってもんです。

こたろうはいつも通りだし、
あたしも全然凹んでないし、
ご心配なく。

こた♂ろぐはふたつのランキングに参加しています。
読んだよ。とポチにてお知らせいただけると喜びます。


 にほんブログ村|犬ブログ|ミニチュアダックスフンドへ
 

人気ブログランキングへ

コメントは承認後に公開(ご希望があれば非公開)となります。
よろしくお願いします。
 

16件のコメント

  1. 忙しいと思うので読み流してください。
    多分同じ病気のワンコと会ったことあります。
    6、7歳くらいのダックスの女の子で、飼い主さんが持った鈴の音を追ってお散歩してました。
    驚いたことに、教えてもらうまで視力がないことに気が付きませんでした。
    だって、とっても楽しそうに「飼い主さん大好き!お散歩サイコー!」というオーラを発しながら、鈴の音を頼りに(もしかして少しは見えているのかも)上手に公園を歩き回っていたから。ニコニコ顔でしたよ。
    そのニコニコ顔を見て、飼い主さんから大事にされて楽しく毎日を送っているんだと感じました。ではでは。

  2. こんにちは!
    こたろうくん病院がんばっていますね。えらいです。
    さて…
    10歳近くなってからの失明は、SARD(突発性後天性網膜変性)という病気の可能性もあります。
    もし今後急激に視力が落ちるようなことがあれば、この病気も疑ってみてください。といっても、PRAかSARDかでできることに違いがあるわけでもないのですが…。
    SARDの子は白内障の罹患率が上がりますし、定期的に眼科に行くのは無駄ではないと思います…半年に一回とかでも大丈夫です。
    たぶんサプリメントとして処方されたと思いますが、メニわんEyeは進行を遅らせるのに有効です。
    うちの子も10歳過ぎて失明しました(SARDでした)。
    乳がんと共存して、失明してもめげずにがんばって、15歳まで生きてくれました。
    こたろうくんもがんばってください。
    お節介なこと書いてごめんなさい。

  3. よりによってPRAだなんて・・・
    ダックスの遺伝疾患にとっても多い病気だけど
    今は、両親のPRA検査も増えたのに・・・なんで・・・
    痛くなくても暗闇にならないで欲しい。
    このまま、ゆっくりゆっくりとお願いしたい。
    チョコの子ってアレルギー多いですね
    我が家もアレルギー持ちで、逆くしゃみもごく稀に起き
    顔の腫れやアレルギーで目が開かなくなったりします。
    検査しなくちゃと思いながらも、アレルギー検査って高いから
    なかなか踏み切れず。飼い主失格。

  4. あるじさんお疲れ様でした。
    セカンドオピニオン、何だか山盛りたっぷりの結果で。
    でもこたろうさんが日向ぼっこして、寒い思いもせずに
    ぬくぬくお昼寝三昧出来たら、その方がいいのかなと
    思ったりしています。
    まずは一日一日を楽しくクリアしていければイイですね!

  5. 私は犬ではありません。
    過去に犬だったことがあったかもしれないけれど
    なんにも覚えていないので なんの参考にもなりません。
    でも、犬ってたくさんの「感覚」のなかで生きているなと
    思いませんか? 聴覚だったり嗅覚だったり視覚だったり
    第六感だったり…  こんなたくさんの情報を このちっこい
    頭でどう処理しているのかな~ なんて我が家の犬をみていて
    よく思います。 そしてこのちっこい頭がなかなか賢い!
    自分の食器の音と別の食器の音、家族が帰宅したときの音と
    よその家の玄関の音 などなど聞き分けますよね~
    自分のご飯の匂いはもちろん 大好きなオモチャの匂いとかも
    しっかりわかっていますね。 そして何より大切な家族が
    外出先から帰ってくる時は、最寄の駅に到着した時から もう
    玄関前にスタンバっていたりするのです!
    この第六感がすばらしい!(羨ましくもある!)
    視力を失うということが 彼らにとってどういうことなのかは
    想像するしかないけれど、そのすばらしい能力を信じます。
    家族のサポートがあれば、きっと何の心配もないのだと信じます。

  6. みかんは、母から、「この子は、左目が見えてない気がするんだけれど」と何度か言われた事があります。
    何かにぶつかったりしたからなどではなく、眼を見てると、何となくそんな気がするのだそうです。
    その度に、左目の前で手をひらひらさせたり、視線を動かすような仕草をして確かめてきました。
    私の動きを眼で追っているので、大丈夫、見えてるよ、と今まで検査していませんでした。
    「遺伝」も考えられるのですね。
    みかんは4兄弟。その中に、障害が出たので手元に残したワンコがいるそうです。ひどい障害ではなかったようですが、気になるところです。
    近所のトイプーは、見えなくなっても、散歩の時にボールを咥えていき、いつもの場所でボール遊びを繰り返していました。
    不思議ですね。
    痛みも不安感もないのですね。
    あるじさんが、ど~んと受け止めていることにも安心しました。
    こたチャン、明日も、見て、感じて楽しもうね。

  7. あるじ様、こたろう君、こんばんは。
    涙が止まらかったです…
    わんこは視覚に頼らないとはいえ、飼い主心としてはもっともっと色んなものを見せてあげたいですよね
    痛くない、怖くないのは幸いです(。・・。)
    願わくば症状の進行ができるだけゆっっっくりでありますように。

  8. おはようございます。
    あるじさん。
    う~ん・・・色々なことがわかったけど、あるじさんの気持ちが落ち着いているので、妙な平常心が。
    いや、あるじさんは平常心ではないと思いますが、なんか・なんか・なんか。
    わー!大変だ!あーん悲しい!やだーん!みたいな・・・
    これからの時間を前向きに、大切に。
    ありがとうございます。頑張って。あるじさん。

  9. あるじさん・こたくんこんにちは。いつも楽しく拝見させてもらってます。
    あるじさんの言い回しや行動…大好きです!こたくんの表情・行動大好きです!
    今回、コメ…してみようと思い…コメ欄にきたものの…何を言っていいのか。あるじさん尊敬します…こたくんも…一生懸命生きるって事…ホント大切ですよね!2人とも頑張ってますけど…頑張って下さい。もちろん、ほどほどにですよ!いつも応援してますから!些細なパワーでしょうけど…あるじさんとこたくんがいつも幸せでいれます様に☆
    P.Sウチもダックスの息子がいます!

  10. 何かじわってきちゃいました。
    私のブログ仲間のみーちゃん家のゆうちゃんはお目々見えないけど、頑張って
    愛嬌振りまいて、私たちを癒してくれてます。
    色んな所に連れててあげてくださいね。

  11. いつもお邪魔している ブログのワンちゃんが 先日緑内障だと判明しました
    片目の視力が 光を鈍く感じる程度に ある日突然なってしまいました
    私自身も緑内障で 2ヶ月前の視力と 視野検査で いままで除々だった視野の喪失が 少し大幅に進んだ事が判明しました
    一度失った視力は もう戻りません
    が 見えるところがカバーしているので 何の不自由もありません
    私も 進行が進むのが早いか 寿命が早いかと思っています
    眼圧を抑える目薬で 進行を抑えていても 進んだ視力の喪失
    確かに 見えなくなると怖い 好きな編み物も読書もテレビも無くなったら どうしよう
    人間は困りますねぇ
    でも わんこは 聴覚も嗅覚も 人間より鋭いから あまり 不自由しないみたい
    実家のシーズーも白内障で 見えなくなっても それなりの生活していました
    出来るだけ 進行が遅くなる事祈ります
    かすかでも 最後の最後まで 残っていて欲しい 
    それまでにいっぱいたのしーうれしーを経験させてあげられるたらいいですね
    こたちゃんが 痛くも痒くも無いのだから 幸いだ
    違う痒みはあるけどね
    大金叩いて受けた検査で 判明するといいね
    あるじさんが 在宅仕事で いつも一緒に居てくれるから こたちゃん何の不安も無いよね
    大丈夫 椅子に上がれなくなっても あるじさんが乗せてくれるから
    まだまだ 大丈夫 さあ 今日も張り切って 豚さん追っかけよう

  12. こたさんは大きくなってからの方がやんちゃしているんですね。
    うちの子はこれからも変わらずやんちゃしかしないのだろうな・・トホホ
    こたさんお目め大丈夫ですかね?
    痛み等が無いなら親からしたら少しは安心ですが今後失明等になった時、本人はパニックになったりはないのですかね?
    先日肉球から出血して保護の為にと履物を購入し履かせて所
    凄く嫌がり・・
    人間と違い言葉が話せないから態度に出すしかなくトイレを2回も違う所にして・・私が怒り
    駄目だとは分かっていても怒ってしまう自分が嫌です。
    あるじさんの様な広い心で接していかないとお犬様も心は開いてくれませんね。
    反省です。

  13. あるじさんこんばんわ~
    そか、こたくんは目が良く見えていないんですね?
    見えなくなっちゃうかもなんですね。
    私がちょっとショックですが・・・
    知り合いのブログのワンコの目が去年見えなくなったんですが、
    ボール遊びはするし、オヤツを持ってる人の前に行くしで、
    ほんと、見えてるような気がして・・・ほんまは見えてるんじゃないの?ってみんなから言われてるそうです(^.^)
    人間と違って、すごい順応力ですね~
    こたくんが、仮にそうなったとしても絶対大丈夫!
    すぐに順応して遊んでオーラをいっぱい出しますよ!(^^♪
    ・・・そういう問題じゃないんですよね・・・ごめんなさい。
    なんとか、ずっと見えていて欲しいです。
    こたくん、あるじさん・・・ふぁいと!

  14. 思わず涙が出てしまいました。
    予想はしていても、実際に診断結果を告げられると
    やはり。。。ショックですよね。
    帰りの電車でこたろうくんに何て話しかけたのかなぁ。
    あるじさんの気持ちを想像したら、私も何だか辛かったです。
    今、自分が何をしてやれるか?
    少しでも不自由な思いをしないように。
    少しでも楽しく過ごせるように。
    少しでも痛い思いをしないように。
    少しでも長く穏やかに過ごせるように。
    あるじさん。頑張りましょうね。お互い。
    たま~に深いとこまで考えちゃって
    心がくじけちゃいそうになる事もあるけれど。
    自分ができることをしてあげて
    臨機応変に対応していくしかないですもんね。
    私もそうやってます。
    大丈夫。大丈夫って自分に言い聞かせながら。
    どうか。こたろうくんの症状がゆっくり、ゆっくりになりますように。
    どうか。病気で戦ってる子も元気な子も、みんな幸せに過ごせますように。

  15. ◎ コメントのお返しとお礼。
    東北人その1様。ふっちゃん様。さち様。ちょこおば様。
    びぃまま様。みかんママ様。まる様。こんばんは。
    ロックはは様。おはようございます。
    Meg様。muni様。レオンのかあちゃん様。ひょんママ様。こんにちは。
    めいパパ様。konatu様。こんにちは。
    みなみなさま。
    こたろうを応援してくれてどうもありがとうございます。
    飼い主さんすらも愛犬が視力を失いつつあることに
    気がつかないこともしばしばあるそうです。
    それほど不自由しないということですよね。
    こたろうの第六感もなかなかのものがあるんで、
    今後のことは今のところあまり心配していません。
    それにもっと視力が落ちてきたら、その分他の感覚が
    研ぎすまされてさらに鋭くなるでしょうしね。
    あ、でも年齢的に聴覚は無理かな。
    突発的に見えなくなったらストレスも大きいでしょうし、
    パニックになるかもしれないけれど、幸いこたろうには
    少し時間が与えられているようなので、徐々に、徐々に、
    こんなもんかと受け止めていってくれたらなと思います。
    うちの場合はいずれにしても2・3ヵ月に一度は
    血管肉腫の再発検査で通院があるので、
    眼の状態もその時一緒に診てもらえるし、
    こたろうの負担(通院回数)が増えるわけでもなく、
    これまでと変わらぬ平々凡々な日々ですね。
    少し注意することは多くなりましたが、
    なんとかこつこつ生きてゆきます。
    本当にどうもありがとう。
    急に寒くなって来ましたね。
    みなさまも愛犬さんもご家族様も
    どうぞお大事に。
     

  16. ミニュチュアダックスの男の子を飼ってます。来月で13歳です。
    先日、ワンちゃんの様子を見ていると、もしかして目が見えていないのでは⁇と思いました。
    初めは反応もするし、昨日まで普通にしてたので、うちの子に限って‥なんて自分をごまかしてました。でも、日にちを追う度に、コレはおかしいって思いました‥。
    急いでかかりつけの病院に行き、伝えたところ、簡単なライトの検査して網膜剥離ですね。ってアッサリ‥もう、治らないよ。って。あまりのショックでその場で泣いてしまいました‥先生の簡易なチェックでもう、見えないよ。って言われた事に納得が行かず、今日、眼科専門医のいる病院へ行き、詳しく検査しました。
    網膜剥離では無かったものの、進行性網膜変性症と診断されました‥。
    結果は同じで、視力はもう戻らないと言われました。進行性網膜変性症‥重くのしかかりました。何で?悲しくて、悲しくて‥だって先週まで見えてたのに、今はもう見えてないって言われても‥大好きなボール、海水浴、散歩、もっともっとしてあげたら良かった。一緒にもっといっぱい楽しい事したり見せてあげれば良かった‥って泣きまくりました。でも、コタさんのブログを読んで気がつきました。
    この子は13歳まで頑張ってくれたんだ‼︎そして今もゆっくりですが私を探して家の中を着いて来てくれてる。それだけでも幸せなんだと。
    これから、前の様には行かなくても、ゆっくりこの子のペースに合わせて一緒に生活していく幸せな時間を大切にしなきゃいけないと思いました。
    明日はまた、なにか二人で新しく出来ることを探して頑張ります!
    コタさんと飼い主さんに、たくさん幸せな時間がたくさん訪れますように‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。