1年を振り返ります。

200907151.jpg

こたろうのカラダと自分自身の精神を
ケアするために始めたひきこもり生活も
もうそろそろ1年が経とうとしています。

1年前、毎日毎日12〜15時間という
長時間の留守番生活に耐えきれなくなったこたろう。

血管肉腫という深刻な癌の発症は、
間違いなくあるじの至らなさが原因でした。

犬を「強いもの」と過信して、
こたろうの我慢強さに甘えていたのだと思います。

200907152.jpg

この一年はこたろうにとって何が幸せなのか、
何が一番なのか、何が正解なのか、
右往左往しながら自分自身の生活や環境を変え、
それを模索することに必死でした。

とにかく一緒に居る時間・しっぽを振る機会を増やし、
毎日を楽しく過ごさせること。

経過観察の数ヶ月、散歩のできない日々に
さらなる不安やストレスを感じさせないこと。

これを徹底して「こたろうが求める飼い主になる。」
それを最大の目標にしてきました。

200907153.jpg

病に対して人間はとても無力で、
どうにもならないやり切れなさを
痛感するばかりの1年でしたが、
あるじのほんの小さな努力を
こたろうはちゃんと拾ってくれていました。

見る見る表情が豊かになり、これまでにない程
意思疎通できるようになってきたと思います。

実際、笑っているように見えるこ
たろうの写真が一気に増えました。

200907154.jpg

定期的な再発検査は一生続くことになりますが、
今こたろうは完全寛解の状態。

今後はひとまず、この一年の過ごし方を正解と信じ、
ただひたすらにくり返しくり返し、飽きる程くり返して
歳を重ねていくことになります。

200907155.jpg

カメラを握りしめて嫌がるこたろうを観察し、
うっすい内容だろうが何だろうが
毎日毎日ノルマに迫られた営業マンのごとく
“こたろぐ”の更新をしてきたこの一年。

幸い闘病日記や介護日記になることもなく、
元気に過ごす日々が続いています。

この間、みなさまからのコメントや
応援ぽちの威力は絶大でした。

心優しい人達ってほんとに沢山
いるもんだなーとつくづく感じました。
癒されて救われて頼りになって…、とてもとても感謝です。

1年間こたろうを見守り応援してくださった皆様。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

実家のあるじ父母にこたろうとの
暮らしぶりを見せるために始めた”こたろぐ”。

ひきこもってからは、ある意味世の中との
繋がり・拠り所となった日課ですが、
ここらで少しのんびりしたペースに
戻そうかと思っています。

こんな内容でしたが、
今日も出します。しりとり写真。

shiritori20090715.jpg

数年前のサクラの季節。
この時一緒だった友人はこの後、
嫁になり母になり立派にやっています。
どうしよう…なんにも変わっとらんぞい、わし。

ものもらい悪化してます。
右顔面が腫れていて口が歪みます。
麻生太郎並みです。

あまりの多発ぶりに呆れてますか?
呆れてますね。

くったりとお暇を持て余す
“こたろうの健康” を応援してください。
1日1回どうもありがとう。


 にほんブログ村=
 
人気ブログランキングへ

お待たせしました。
7/13分、コメント返しようやく追いつきました。
 

7件のコメント

  1. 初めてコメント致します。家もミニチュアダックスのブラタンを育てています。名前も同じコタロー(虎太朗)です。同じ名前に惹かれ、あるじさんのブログを見させていただいて3か月位になります。いつも楽しく、そしてハラハラしながら毎日こたろう君の健康を祈っています。家のコタローはこたろう君と同じ年齢で、2001年の10月生まれなんです。先天性の角膜ジストロフィーを患っていますが、失明することもなく健康に育ってくれています。私も仕事が忙しく、毎日10時間以上留守番をさせてしまいますが、息子の幸せそうな嬉しそうな顔が一番の癒しと幸せですね。今日の記事を見て、共通点がとても多いことに気付き、勝手に親近感を抱いてしまいました。これからゆっくりペースでの更新になるということですが、こたろう君との生活を優先し、楽しく健康に過ごしてゆけることをずっと祈っています。また、お邪魔させていただきます。

  2. こたちゃんの為に生活まで変えてこたちゃん第一で頑張ってこられたあるじさん  本当にいい飼い主さんですねぇ
    歳のせいで涙もろい私は、早ウルウルやっとります
    味音痴だっったおかげで薬も嫌がらず食欲も落ちることなく
    あるじさんに何時も側に居てもらえる環境を与えてもらえて 幸せやなぁ
    こたちゃん  成人式するくらい長生きするのが恩返しやで
    4年間息子を一人暮らしさせていたとき、毎日メールさせとりやした
    3日連絡無かった時、隣町に住んでた義弟に見に行ってもらったことがありました
    ただの充電切れだったのですが・・・・・
    親はいくつになっても子供が心配なのです
    ブログで連絡 親孝行な娘ですね
    ものもらいの度重なる再発
    体調が悪いのではありませんか
    毎日の更新  楽しみではありますが負担であるなら少し間を置かれてもいいのでは
    あるじさんあってのこたろうちゃんですから
    レメディききませんか?

  3. はじめまして、こんにちは。
    いつもあるじさんとこたろうクンの活躍を楽しく読ませてもらっています。
    「こたろうが求める飼い主になる」ために、なるべく一緒にいる時間を増やす、というのは簡単なようで、ものすごく難しいことだと思います。
    例えわんこに対して愛情が深かったとしても、働いているならなおのこと…。
    それをあるじさんが実行してくれたんだもの、こたろうクンだって笑顔が増えちゃいますよね。
    今は一緒に暮らしていませんが、私にも実家にはダックスが2匹いて、
    1匹は様々な病気を持って生きています。だから、あるじさんの、こたろうクンに対する気持ちが他人事にが思えません。
    これからもお二人(?)の日常がずーっと続きますように。
    毎日、応援しています。

  4. 毎日12〜15時間という長時間の留守番生活。。。
    う~ん、今の私はコノ状態ですね。。。心がズッキン。
    こたろうくんの表情、スキですよ。
    会話してるって感じがあって素敵です。

  5. こたろうくんにあるじさん、大変な一年だったのですね。でも、ふたりで乗り越えてきた1年は貴重な一年ですね。そんな日々のお裾分け、ありがとうございます。

  6. こたろう君の様子を読み始めたのが最近で、体が弱いのかなーとか病気したのかなーとか思ってましたが、今日のブログを読んで過去のブログも読ませて頂きました。なんだか、あるじさんの気持ちがすっごく心にしみて、そして思わずローズのことも考えながら、「健康」の偉大さを改めて感じました。
    こたちゃん、本当に笑顔になりますよね。それも、ぎゃはーっていう笑顔じゃなくて、ふふふっていうホンワカした笑顔。すっごく好きです。
    こたちゃんは本当にあるじさんとの生活を嬉しく思っていて、幸せだと思います。私もローズにそう感じてもらえるようにしないと!あるじさんのものもらいもぜひ早く治してくださいね。緑茶を冷まして目を洗うと治りが早いとか。

  7. ◎ コタローママ様。
    はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。
    勉強不足のにわか知識ですが、先天性の角膜ジストロフィーには治療法が
    ないとありました。しかもミニチュアダックスの場合進行が早いとも…。
    同じ犬種、同じ年、同じ名前のコタロー君に親近感がわく分、切ないです。
    今年で8才と言うことで、年齢的な心配も増えてきますが、
    できる限り穏やかな日々が送れるよう、お互い「適度に」頑張りましょう。
    コタローママさんと虎太郎君の健康を祈ります。またぜひいらしてください。
    ◎ レオンのかあチャン様。
    こんにちは。いつもありがとうございます。
    こたろうの味音痴には本当に助けられていますね。
    いつでもなんでも食べたがる子なので、もし今後食欲のない素振りを
    見せる日が訪れたら、あるじはパニックに陥ると思いますが…。
    前回のものもらいで効果の出たレメディが今回あまり効かないので、
    別な種類のを送ってもらって試しているところです。効いて来たかも。
    ◎ うみ様。
    はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。
    普通に会社勤めをしていた私が、今の環境でお給料をいただけて
    いるのは軌跡です。通常であれば「愛犬が病気だから」という理由で
    自宅勤務を希望すれば間違いなくクビです。
    それなのに、社長はこたろうのことを「家族」と認めてくれたんです。
    あるじとこたろうはまわりの人達に助けられて生きています。
    うみさんのおうちのダックスちゃんも病気を患っているとのこと。
    お大事になさってください。うみさんと2ワンの健康を祈ります。
    ◎ ポヨネー様。
    こんにちは。いつもありがとうございます。
    そうですか、ポヨちゃんはお留守番がんばっているんですね。
    では一緒に過ごせる時間はホントに大切ですね。
    ポヨちゃんのために時間をさいてもらうには…そうですねぇ…
    “こたろぐ“は「読み逃げ」でガマンします。笑。
    ◎ 江戸田舎っ子様。
    こんにちは。いつもありがとうございます。
    お裾分け…そんなふうに言っていただいて恐縮です。
    いろいろ思うところがありまして、当初は病気のことを
    あまり書かないようにしていたのですが…無意味でした。
    気にかけてくださる皆様の応援コメントに救われてきました。
    本当にありがとうございます。
    ◎ ローズママ様。
    こんにちは。いつもありがとうございます。
    私もローズママさんのように、こたろうが若いうちからもっと
    健康を「維持する」というところに注力すべきでした。
    まだまだピチピチのローズちゃん、ぜひとも病気知らずで
    ずっとずっと「ふふふ」な笑顔でいられるようにお過ごしくださいね。
    ものもらいを緑茶で洗う!それは!
    試します。アドバイスありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。