こたろうは大丈夫

ここしばらく痛んでいた腰が、
今週に入ってさらに悪化。
昨日の朝がピーク。

痛すぎて吐き気がするので
会社を休んで整形外科へ。

レントゲン結果では
骨に大きな問題はなさそうなのでひと安心。
あっためたりほぐしたりの治療後は、
とりあえず横になって過ごした。
こたろうはずっと寄り添ってくっついてくれていた。

薬が効いてきたのか、
晩になってようやく動き出すと…
今度はこたろうの様子がおかしい。

シーツの上で足をあげるも、
出るものが出て来ない。
何度も何度も繰り返して、
やっとしたたり落ちてきたのは…
あきらかに血尿。

結晶が尿道に詰まったか!?
とにもかくにも即病院へ。

尿検査の結果は…
まぁいつも通り(調子が悪い時の)。

腎臓の血液検査もすべて基準値内で問題なし。
今日は抗生物質と止血剤を
投与してもらうことになった。

しかし、数値の説明を受けている間も
別のことが気になって仕方がない。
膀胱まわりの状態を調べてもらったエコー画像。

そこにはお腹の真ん中に
それはどてかい影が映っていた。

200807121.jpg

この張りは何なんなんだと
前から気になっていたけど、
その時も尿の出が悪くて
「本当ですね。膀胱が張っていますね」
そんな触診結果に
若干の違和感を感じながらも安心していた。

それが今日、そうではなかったとわかったのだ。

ここ数回担当医さんではない獣医さんに
診てもらっていたが、不安な症状の時は
必ず決まった先生を指名して診てもらっている。
今日はその先生にお願いした。

こた君のこれは○○ではなく○○でもない(専門的なこと)。
ある程度予見できるどの症例とも違うようです。

そもそもこんな大きなかたまりを育てながら、
いつもいつも
食欲旺盛で、よく遊び、よく寝る。
その元気な状態だからこそ、なおわからないんです。
詳しく調べましょう。先生はそう言っていた。

正直このかたまりが何であるか、
エコーだけでは全くわからないのだそうだ。

200807122.jpg

明日、こたろうは全身麻酔でCTを受ける。
そして絶食前夜の晩餐だと言うのに
また病院の療養食に逆戻り。
昨日の今日で残念だな、こたろう。

あるじに仕事を休ませ、血尿で合図をし、
いつもなら間に合わない診療時間に
病院に駆け込ませ、たまたまエコーをとらせて、
発見できたこのかたまり。

しかも仕事を休まず検査に集中できる週末に。
この段取りを運と呼ぼう。

200807123.jpg

気になって仕方がなかった
このお腹の中のなにか。

一連の通院内容とは全然別に
あらたな悩みが増えてしまったが
大丈夫。うちらにはきっと運がある。

あるじの五感はエコーで見た
かたまりのでかさにビビっているが、
なぜか第六感(的などこか)が、
いい結果を確信している。
なので大丈夫だ。

200807124.jpg

こんな日にカメ吉をここまでする程の
元気を見せるこたろうの第六感が
「心配するな。マジで大丈夫だ」と
応えてくれている気がしてならない。

クリックで応援してください。

人気ブログランキングへ
←ぽちっ。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
←ぽちっ。
1日1回どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。