薬と体重

200811051.jpg

今日は5日。
フィラリアの薬を忘れずに飲ませないと。

こたろうは月に一度だけ食べられる
「特別なおやつ」だと思っているらしく
棚から薬の箱を持ち出すと、
きゃっきゃしながらあるじを付け回す。

200811052.jpg

でっかいチュアブルタイプの薬。
春の血液検査のとき体重が
ギリギリ目だったのでこのサイズを処方された。

しかし今日、こたろうが飲み込んだ後に
箱の注意書きに気づいてしまった。
「本剤は5.6kg〜11.3kg用。
体重がこの範囲外になったら病院に連絡するように」
と書いてある。あら。どうなんだろう。

5月から12月分までもらっているけど
腫瘍を摘出してからずっと下まわっている。
4ヵ月間そのまま与えていたし、かなり今更なのだが…。

こたろうは骨格が大きいのか、
一般的にミニチュアとされる体重まで
(4.7kgだか4.8kgだか)落とすと
ガリガリになってしまうので、
ここ数ヶ月はずっと5.3〜5.4kgでキープしている。

ミニチュアとしてはちとでかいけど、
この薬を飲むには重さが足りない。
そう言えば去年はもうひとまわり小さい薬だったな。

もうあとひとつしか残ってないけど、ちゃんと聞いてみよう。
オーバー分がこたろうの負担になることってあるのだろうか。
こたろう、気づかんとごめんよ。

さぁ、こたろうのおやつが済んだところで、
今度はあるじのメシ。
休日に作り置きしていたボロネーゼを使おう。
家にある残り物だけで作ったので、
簡略レシピになったソース。大丈夫かな。

200811053.jpg

ベーコンブロック炒める(ないから省略)
→たまねぎ・セロリ・人参のみじん切りを炒める
(セロリ・人参は買わないのでなし。代わりにマッシュルーム)
→ひき肉追加(本来は牛。ないから合挽)
→赤ワインをドバッと。(白でも可)
→アルコールが飛び切るまで煮る
→トマトの裏ごし追加(ないから水煮缶)
→岩塩で味を整える(ないので焼き塩。
もっと前の段階で入れるんだったかなぁ…)

にんにく、オリーブオイル、ブイヨンは
気がむいた時にしか使わないあるじ。
今回はどう考えても「ないないづくしソース」なので
もちろん全部省略。

200811054.jpg

平打ちで食べたいところだが、
それもないので普通のパスタ。
本場ではソースは乗せるのではなく
混ぜるらしいので、そうしてみた。
チーズだけは略してはいけないので、
パルメザンをたくさんかけて、はい食べよう。

200811055.jpg

いやいや、おまえは玉ねぎ無理だ。
やめなさい。(舌ついてる…….)

1日3食がうらやましくてしょーがない “こたろうの健康” を応援してください。

 にほんブログ村=
← ぽち。
人気ブログランキングへ ←ぽちっ。
1日1回どうもありがとう。

ちなみにお味は…
ひき肉以外脂っ気を入れてないので
見た目よりさっぱり。まぁそこそこでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA