薬の個人輸入について

アジソン病の薬

日本の流通にのったペット用医薬は高い。

なんでもかんでも1錠何百円。
モノによっては1粒何千円。とにかく高い。

かかりつけの動物病院には
ある程度儲けてもらって
長ーく営業を続けてもらいたいけれど、
うち的にそこは通院(診察費・検査費)で
貢献するとして、持病の薬代くらいは
どうにか節約したいもの。

アジソン病と言えばホルモン補充の
生涯投薬が必要となる難病の中でも
かなり家計に響く部類。

初期2週間分の薬は処方してもらったけれど、
それ以降の分はかかりつけ医の承諾を得て、
個人的に購入することにした。

 

アジソン病のくすり

まずはメイン。高い高いと言われるフロリネフ。
副腎皮質ホルモンを補充するための薬。

フロリネフ(Florinef)0.1mg

凪がお世話になっているところは
1錠400円と良心的な価格設定。
でも毎日のこととなるとやっぱり高い。
凪の場合は1日2錠で800円+税。

それが個人輸入(代行利用)なら
100錠$38(2017年11月時点で4,351円)
1日分90円でお釣りがくる。

なんてこったい。

 

そしてもう1種。
フィラリア陽性時のボルバキア治療でも
お世話になった凪が大っ嫌いなプレドニゾロン。

Panafcortelone(プレドニゾロン)5mg

こちらは元々安価なお薬。
凪は1/4錠なので、今は1日30円程度。

フロリネフと一緒に購入してみたところ、
60錠で$13(2017年11月時点で1,506円)。
このまま1/4錠の投薬量でいけば
1日たった6円強という計算。

なんともはや。

 

そのほか

ピルカッターなんかも何種類か販売している。

ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter)

まぁこういったものはどこでも手に入るので、
わざわざ輸入するほどのこともないけれど、
ハサミ面倒だなぁと思ったらついでに。

 

ちなみに凪さんお気に入りのかゆみ止め
アポキル錠とかももちろんある。

アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg

 

そしてフィラリア駆除薬。
月イチおやつのネクスガードスペクトラも。

ネクスガードスペクトラ(中型犬用/7.5〜15kg)

いやはや、2個分で3個買えちゃうなぁ。

 

とまぁごりっごりの宣伝活動になるけれど、
生涯投薬治療が必要となるとマジ切実。

必要があればこれまで動物病院で
処方してもらっていた定期薬も
かかりつけの先生に相談しながら
こちらを利用しようかと思っています。

凪はフィラリア陽性犬だった上に
アジソンの持病持ちになってしまい、
保険加入の可能性はゼロなので、
とにかく一生実費です。

こたろうも未保険で生き抜いたから
生涯経費は何百万もかかった。

凪はさらにボディサイズが大きい分
ちまちまと割り増し。

お金がないから命を諦めるなんて
絶対できないので、ケチでもなんでも
使えるものは使って生きよう!

 

だけど正しくね!

誰でも購入できるサイトだけど、
勝手はしないほうがいいので、
かかりつけ医の理解を得ながら
気持ちよく利用するのがいいです。

ちなみにここは人用の輸入薬を
長く取り扱っているところの
ペット専用姉妹サイトで、
100%正規品保証をしておられます。