こためし。

200711030.jpg

こたろうは去年の11月の通院時から
主食はpH管理のための処方食オンリー。
それから1年近く続けていたが
どうも肌と毛の状態が徐々に悪くなっているような。

pH値は確かにすぐ下がったけど、
安定した後もずっとこのフードって指導、
どうなんだろう?

毛は生え変わる度に貧相になって
短く少なく弱くなってくるし、
色もだいぶ薄くなって来てます。

歳もあるだろうけど、
なんとなく肉球の状態もよくない。

そこで先月フードを変更してみました。

完璧な手作り食を与えてあげられるなら
それが一番いいだろうけど、我ながら自信がない。
選んだのは保存料のない国産もの。

お肉と野菜がたっぷりなのにパンみたいな
ほかっとした見た目。ランクをあげると固体別の
オーダーも可能な獣医さんのごはん。
こたのはひとまずオーダーではなく
既成ラインですが。

冷蔵または冷凍保存して、
食べる量だけレンジするタイプなので、
毎回あったかいごはんが食べられる。

あっためると香りが広がるので、
こたろうも待ってる間うきうき顔で、
冷蔵庫に手をかけて仁王立ちで
鼻をレンジに向けてます。

200711031.jpg

食べ始めてまだ数週間ですが、
後頭部と後脚の方から
毛艶が戻ってきたような気もしてます。

こたろうがうまさに満足、病気知らずで
キラキラぴかぴか過ごしてくれたら、
それでいいです。

200711032.jpg

おいらきらいなごはんはありません。
特に好きなのはヨーグルトとお豆製品です。
おとーふも納豆も大好き。
でもキャベツの芯をかじるのが一番楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。