初期健診。

凪

凪は2015年2月24日の晩に
我が家に初めて帰ってきた。

そして翌々26日に健診のため初通院。

まずはクレートに入れることに大苦戦。
だけど一旦入ってしまえば大人しく、
車酔いもなく静かに移動できた。

到着後、診察室に呼ばれてクレートから出る。
まず歩く様子などを見てもらって・・・・・。

そこから診察台に上がるまでが
予想以上の大バトル。凪の激しい抵抗で
診察室はガッチャガチャになった。

あるじと付き添ってくれたちばわんの
ボランティアさんは一度扉の外に出された。

処置用のワゴンや椅子ら全部バックヤードに出して、
院長と獣医師と看護士さんとの3人がかりで、
口輪や革グローブも総動員でやっとこさ捕獲。

あるじは扉の小窓から様子を見ていた。
ビチビチと逃げ出す大魚のように
もがいてもがいてあるじの目の高さくらいまで
宙に浮いたところでようやく観念した。

よく頑張った。よく戦った。ガッツ。

凪

もう少し落ち着けるようになってから出直して。
他の病院だったらたぶんそう言われて帰される。

だけどここは保護犬がいかなるものかを
分かってくれているからと紹介してもらった病院。

凪のセンター収容の由来は「捕獲」だから、
きっとそういった気配がひどく怖いんだろう。

病院自体はじめてなのかも知れない。
何をされるかわからなくてパニックになる。

しかし、よくぞあそこまでつき合ってくれた。

凪

だけど凪はいざ捕まってしまうと
これがまた拍子抜けするくらいに静か。

もちろん身体はガッチリかかえられて
固められてはいるんだけど、
処置自体にはまったく暴れない。

お尻に体温計がささっても、
ぷすっと2本分の採血をされても、
サクサク爪切りをされても、
とにかくシーン。無抵抗だった。

通院のルーティンに慣れさえすれば、
いつかなんとかなるんじゃないかと思った。

凪は診察室から出るなり、
行きにあれだけ嫌がったクレートに
進んでもぐり込んで小さくなっていた。

凪

凪はフィラリア陽性。
仔虫だけでなくしっかり成虫も確認された。

これから何年かかけて陰性に持ち込むわけだけど、
成虫が寄生しているということは
少なからず心臓にダメージを受けている。

年を重ねてから感染の影響が出て来る可能性は
大いに考えられるけど、とにかく今はまず
症状が出る前に根絶することを目指そう。

問題は凪がコリー系である(だろう)こと。
フィラリアの治療に効果が高いと言われる
イベルメクチンにはリスクがある。

正直フィラリア陽性は想定内だったから
驚きはしないけど、どうしたもんかな。
なにを選択するのがいいのかな。

凪の遺伝子検査も視野に検討中。

明日2回目の通院があるので、
治療法についてよく聞いてきます。

凪

それとね、凪の左目にもちょっと
気になってることがあるんだ。

続きはまたの機会に。

 

凪の明日の頑張りにポチお願いします。

犬ブログランキングバナー

あるじは犬の心配をするために人生を使う。

 


広告