すじがき。

術後の入院中、冷蔵庫を開ければ
いるはずもないこたろうをまたぎ、
食事をすれば聞こえるはずもない
こたろうの足音を待ち、トイレに立てば
誰もいない空間に声をかけそうになり、
退院を待つだけなのに心がザワザワした。

実際退院したこたろうには
毎日毎日下り坂の変化があって、
はじめての緊張感をたくさん味わった。

どんどん長年の当たり前が
当たり前でなくなっていって、
もう無理かも知れないけど、
あのこたろうをもう一度見たいな。
って何回も思った。

こたろうはそう願ったことをことごとく
しょーがないな、最後の1回だよ。
と言って叶えてくれた。

こむぎのごはんを横取りした
最後のフードファイト。

ゆるこたの象徴みたいな
かわいいヘソ天。

河原のワンコ仲間に囲まれた
満足そうな散歩風景。

あるじの布団でぺたりと眠る姿。

自分のことも誰のことも
わからなくなったような状況で、
ふと呼びかけに応えて視線をくれた。

あるじ義兄に買ってもらったカートも
期待以上の表情で初乗り。

あるじ姉の「こたろうに代わって」の
電話にはいつもちゃんと
両耳をぴこっと上げていた。

そして最期に「にっこし」微笑んで逝った。

やつはあたしのツボを心得ている。

縁もゆかりも理由もなく
関西にふらっと移り住み、
こたろうに巡り会ったことも、

留守番ばかりさせたあたしに
大病というかたちで
ひとりぽっちの寂しさを伝えたことも、

こたろうがいつでも家族に会えるようにと
こっちに戻ってきたことも、

ほぼ無作為にあの部屋を選んで
河原のワンコ仲間に出会えたことも、

密着度の高いあの小さな部屋から
ギリギリのタイミングで引っ越したことも、

前日あたしにあの記事を書かせて、
みんなにたくさん褒めてもらったことも、

しゃちょうに迷惑をかけない
連休前半のあの日時を狙ったことも、

この世の最後のひと口があるじ母の
お手製水ようかんだったことも、

あるじ姪の体調を崩させて
本来お泊り予定だったあるじ姉に
1日足止めを喰らわせたことも、

お互いまだなじんでいないこの部屋に
気配や匂いを残さず逝ったことも、

別れの2日間だけ

青空にしてくれたことも、

全部こたろうの
筋書き通りだったのかも知れない。

ははーが泣いてたよ。
食べたの。そう、そう。って。

あねーが言ってたよ。

やっぱりおまえはあたしには絶対
弱いとこ見せてくれないんだねって。

こたろうは見抜いていたと思う。

これまで通り元気なまま
毎日瞬殺でごはんを食べて、
自分でうがいをして、
上手にトイレを済ませて、
みんなと楽しく散歩して、
脇の下にはまって寝て、
当たり前に一緒に起きて、

そうやって最期の日まで
笑って過ごしていたら、
その後のあたしがものすごく
ダメになることを。

最後のひと月そのなにもかもを
お預けにして、あたしの心と体から
これまでに染み着いた習慣や感覚を
少しずつ遠ざけ、準備させた。

血管肉腫の時もそうだったけど、
こたろうはまた身体を張って、
今度は自分を見失う程の
大きな障害を受け入れて、
その後のあたしを救ってくれた。

かなわないなぁ。

「待つ」とか「見守る」とか全然要らん。
あとでこっちが探しに行くから
そっちはゼロから自由にやっといたらいいと、
正直虹の橋の話を嫌っていたあたし。

8月16日。
そんなあたしにこたろうは

二重の虹を見せていった。

偶然気づいて、
あるじ姉とふたりで見た。

虹の橋の話は信じてないけど、
なんかこんなの見せられたら
否定もできなくなるねと。

こたろうの最期の満足げな微笑みは

もしや「したり顔」だったのだろうか。

命名当時、意図したわけじゃなかったけれど、
本名こたらふの「らふ」は「laugh」だったかな。

本当に出来過ぎだ。

 にほんブログ村|ミニチュアダックスのバナー 人気ブログランキング|ミニチュアダックスのバナー

頂戴するコメントはあるじ承認後に
公開(ご要望があれば非公開)となります。

広告

すじがき。」への150件のフィードバック

  1. もう感動です(涙)
    あるじさんとこたさんの関係ってなんて素晴らしいんでしょう!
    あるじさんのおっしゃる「すじがき」、
    まさにその通りなのかもしれないですね。
    なんてあるじさん想いのこたさんでしょう(泣)
    羨ましくなっちゃいます☆

  2. ずっと見ていたのに初コメントです。
    こたらふくんはやっぱりすごいコだったんですね。
    ずっとずっと忘れないよ。忘れられないよ。

  3. あるじ様、ありがとうございますm(__)m
    こたさん、さすがです!
    素敵過ぎて、何の感情だかわからない涙が出ます。
    16日の虹…私たち夫婦が見た虹と同じでしょうか?
    あの日、とてもきれいな虹が出ていました。
    こたろぐを読み直し、みなさまのコメントを拝見し、世の中捨てたもんじゃないな…と、温かい気持ちになっております。
    幸せなワンコと飼い主様が増えますように☆

  4. こたちゃん、あるじさんの言葉きっと届いているね。
    長い時間、一緒にいたからきっとわかっているね。
    いつもかわいいお顔を更新してくれて、ありがとうございました。
    私もかつて愛のある時間ってこういうことだなと過ごした時期がありました。
    目で会話するなんて、人間同士ではなかなかできません。
    楽しいときは楽しいと、全身で喜ぶ姿、見ていてほんわかしますよね?
    こんなにも愛おしいんだと感じ、たまらく幸せな時期を過ごしました。
    こたちゃん、あなたは本当にえらかった。
    あるじさん、恋しいこたちゃんをいつまでも恋しいと思っていいと思います。
    私もお別れして10年、愛のある凝縮した日々を思い、こたちゃんに毎日会いにきてました。
    ありがとうございます。一緒に過ごしてる気分でしたよ^^
    元気にモリモリ仕事してください、こたちゃんが遠くからきっと見てます♪

  5. なんだか、小説を読んでるみたいです。
    悲しいお話なのに(私にとっては)、読んだあとほのぼのとした気分になっちゃう。
    また聞かせて下さい。

  6. うん、自分が先に逝くことを人間が納得するようにするよね。。
    かなわないね、、ふふ、虹まで見せられましたか・・あるよーって言ってるのかな。虹の橋の話で私は救われた方だから(*^_^*)だって、元気な姿に戻るっていうから!それはとっても嬉しいし安心する。うちの子は他犬が苦手だから静かな方がいいんだけど。。人のあの世はこの世の10年がやっと1年というからきっと犬世界はもっと長いのではないかなーと思うの。だからそんなに長く待たせないといい解釈で思っているよ虹の橋。うちの子の話で申し訳ないけど明日が二回目の命日。でも今だかつて夢に出てきたこともない。。こたちゃはちちーさんの夢に出てきてくれたかな。

  7. 同じ虹の橋こたろぐ見てました。
    あるじさんも見られていたのですね。
    コタロウすは我が家の愛犬の手本と思いブログ拝見してました。
    これからも”こたろく”楽しみにしてます。
    気が向いた時に更新して下さいね。
    ありがとうコタロウ

  8. あるじさん、
    更新ありがとう
    あるじさんはこたくんに出逢えて
    本当に幸せだったんですね
    こたくんもきっと同じはずです
    なんたって星の数ほどいる人間の中から
    たった一人、あるじさんを選んで
    やってきたのですから
    また二人が再び出逢えること
    信じています

  9. こたさん、すごい。
    あるじさんと出会うべく生まれてきたんだね!!
    そして虹…
    全てがあるじさんとこたさんの絆の強さ、深さ。
    人と人以上に解りあえる関係。
    本当に素晴らしいです。
    感動しました。
    ありがとう

  10. うわぁ…
    本当に虹だぁ~
    コタさん、やっぱりあなたはすごいね
    ワンコのお手本みたいなワンコだねぇ…
    あるじさんがコタさんの介護に明け暮れている頃
    あなたは、あるじさんのことばかり心配しながら病と闘っていたのですね
    癌を患った義母を自宅で看取った私が、清々しい気持ちで最期を見守れた時に、本当に義母に感謝をしたものです。表現が下手でが。
    多分、その時の感じかなぁなんて勝手に思ったりしています。
    あるじさん、これからもコタさんの生きざま、思いで、自慢もおのろけも…
    こたろぐに綴ってもらえたら、とても嬉しいですよ~

  11. 男前はどこまでも男前ですね。
    こたさん、カッコよすぎます。
    あるじさんとこたさんの関係は、やっぱりステキ。うらやましいです。

  12. こんなかっこ良くて、男前で、あるじ想い・家族想いの
    こたくんを誰も忘れられるハズがないよ。
    さすが奇跡の犬だと感心します。
    こたくんがあるじさんに見せた虹。
    虹の橋に着いたよ!って伝えたいのかな。
    今日もこたろぐを読んで、こたくんを想って
    1日が終わるよ。
    大好き!こたくん!

  13. あるじさん、こんばんわ。
    こたろうには、やられましたね。
    完璧すぎます。
    どうしてこんなにも綺麗に旅立てるのか。
    来世でも出会ったとき、きっとお互い気づくんでしょうね。
    その瞬間は今からでも楽しみですね。

  14. あるじさん、こんばんは。
    こたさん、あるじさんの「もう一度」を全部叶えて、
    その後のあるじさんのためにしっかり心の準備をうながして、
    信じてなかったあるじさんに二重の虹まで用意して、
    「ほらね」ってサラッと微笑んでいかはったんですね。
    かっこえー! こた『らふ』=『laugh』説、ありますねこれは!
    こたさん!こたさんのすじがき、すごいよ!さすが男前!
    なんか、向こうで今日のこた♂ろぐ見はって、あのいつもの
    口角あがった男前な横顔でにっこりとしたり顔してはりそうですね♪
    あるじさん、今日もありがとうございます(感謝)

  15. こんばんはー
    綺麗な虹ですね〜
    こたクンにやられたね!
    こたクンが強く強く頑張り生き抜いたのは
    そんなシナリオがあったからなんだね
    まさしくその通りだと思います
    出逢った時から本当はこたクンがあるじさんの人生を
    変えてきたのかもしれませんね
    世の中には、科学では証明出来ない事が沢山あると思うなぁ
    かけがえのない存在を喪った時に強い絆で結ばれていたら感じると思います
    霊感もない無宗教の私も、大事な父親と我が子同然の子を喪った時に
    不思議な体験をしています
    あるじさんの今日の記事を読みながら、ゾクっと感じました
    最期は、ゆっくり2人だけで過ごしたかったんでしょうね
    本当にこたクン 穏やかなお顔ですもんね
    言葉は喋れなくとも、全身で意思を伝えてきてくれたし
    周りに思いやりを持っていた子なんだと思います
    何より ねーちゃんの事を1番に考えてた存在なのではないでしょうか…
    したり顔のこたクン
    何の曇りもない幸せに満ち溢れ 満足な一生だったことでしょう
    私は すべての出逢いには意味があると思います
    そしてお別れにも…
    今日は素敵な出来事を聞かせてくれてありがとうあるじさん^ ^

  16. ステキですね。
    そんな風に振って、こたちゃんとの時間を思い出せるなんて。
    あるじさんとこたちゃんが過ごしてきた時間を、感じます。
    たくさんの出来事をあるじさんに伝えて、心に残して旅立って行ったんですね。
    ありがとうって言ってるのかな。また、あるじさんの側に来てくれるのかな。
    また、2人会えるでしょうね。なんか、羨ましいキモチです。
    離れても褒めてくれてニンマリしてるかな、こたちゃん。

  17. こたさんの旅立ちを知った朝からきっと更新されてるだろうとは思っていましたがブログを覗けず、万全の態勢で臨もうと週末を待ちました。
    こたさんもあるじさんもそしてやはりご家族の皆さんも…素晴らしいチームですね。
    こたさん、ほんとにかっこいい。すごいなぁ。すごいよ!
    こんな風に旅立てる事、見送れる事ができるなんて…。
    おつかれさまでした。ありがとうございました!

  18. もう涙がとまりません。
    こたらふさん、すごすぎ。
    姿は犬の形だったけれど、
    尊敬します。

  19. こたちゃん、かっけ〜(≧∇≦)
    きっと、また、逢えますね。
    あるじ、おいら戻ってきたよって。
    アンテナ張って待ってないと。
    あるじさんとこたちゃんだからね。
    うちのイヌには、出来ないかもσ^_^;

  20. こたくん~
    あるじさん!
    こんばんは。
    あ~なんだろう、この不思議な気持ち
    あるじさんが書いてる文章読む毎に
    あるじさんの傍で笑いながら頷くように
    佇んでるこたろうくんが見えるような気がしました
    そして関西から関東に戻るよにしたのも
    やっぱりこたくんの仕業だったんだね(^-^)
    いつかくるお別れの日の後の事も
    ずーっと前から考えてたんですね
    お別れの準備期間もこたろうくんが
    あるじさんを思って与えてくれた時間だったから
    あるじさんはこうやって送り出せた
    こたろうくん
    もうー凄いや♪
    こたくん
    うちの子、こたくんより4か月お姉ちゃんだけど
    まだまだこっちでがんばるから
    見ててね!
    7月13日はうちの子大事な記念日にもなったから
    頑張って記念日更新していくよー
    目指せ20歳☆

  21. はじめてこのブログを読ませていただいたのは、わんこを2年ほど前に血管肉腫で亡くしてしばらくしてからでした
    それから 時々 遊びにこさせていただいていました
    最近の病気との闘いの様子…涙してしまうこともあったけど
    こたくんへの…あるじ様 そして ご家族の皆様の 愛をとても感じました
    そして あるじ様の文章 大好きでした…

  22. こたさんのすじがきかぁ。そうかもしれませんね。
    あるじさんはこたさんに選ばれ、導かれ続けたのですね。
    正直羨ましいです。
    こたさんが見せてくれた最後の一回は
    どれもこれも私の記憶にもハッキリ残っています。
    こたさんの体調を考えれば全てが奇跡の様な出来事でしたから。
    血管肉腫とわかったあの日もそうでした。
    こたさんは何時もあるじさんにサインを送っていました。
    こたさんだけではなく、
    人と暮らす動物達は本来みんなそうしているのかも知れません。
    会話の代わりの小さな意思表示。
    そのサインを見過ごさなかったあるじさんだからこその今日なのでしょう。
    虹の橋…正直私もいまひとつ受け入れられずにいるのですが
    出ていましたか。二重で。
    少し考えないといけません…でしょうか。
    義兄様が用意してくれたカート。
    あねー様との電話。
    ははー様が作った水ようかん。
    めいーちゃんの体調不良。
    あるじさんのお仕事事情。
    ご家族とのとっておきを聞かせてくれてありがとうございます。
    やっぱりこたさん凄いです。男前のイケわんです!

  23. あるじさん、ありがとう。
    こたを心配してた毎日。全然知らないのにもう勝手に家族気分。心配で仕方なくて。でも最期にあんな男前な最期を見せてもらった。
    そしたら、何だろう。こたは絶対大丈夫だなあって思った。
    虹の梯渡って思いっきり食べてあるいて寝てる。
    それがわかったら、今度はあるじさんやあるじ家族さんのことが心配になった。こたと離れてしまうことに。
    でもやっぱこたはすごいね。ちゃんとあるじさんのこと、そしてあるじ家族さんのこと分かってるんだね。繋がってるんだね。
    あるじさんホットしました。
    大丈夫ですね。
    あるじさん、全然知らないのにでも、仲間です。
    あるじさんのことも応援してます。
    いつかまたこたに逢えるときいっぱい話せるように思い出積み上げていきましょうね。

  24. あるじさん、こんばんは。
    確信しました!
    絶対に絶対にあるじさんとこたくんはまた出逢うですよ!
    だってこんなにお互いを思っているんですもの!
    強い絆、羨ましく思います。
    今日はあるじさんのそばにいるかな?
    明日はお姉さんのところかな?
    またこたくんのいろんな話聞かせて下さい!

  25. あんなにきれいな虹をみせてくれるなんて、こたろうくんどこまでも奇跡の犬ですね。
    全てを見抜いていたとありますが、思えばわんこは犬年齢では
    子供だけど人間年齢では人生を重ねているのですよね。
    うちの子もこたろうくんほどじゃないけど私よりよっぽど大人で
    私のこと見守ってくれてるのかも…
    だけどどうしたって先に逝ってしまうんでしょうね

  26. こたろう君やっぱり奇跡のワンコですね。
    あるじさんとの暮らしの中で築かれたものかもしれませんね。
    本当に絆の強さを感じます。
    素敵ですね。
    何か清々しい気持ちになれました。
    ありがとうございました。

  27. あるじも、すっげー
    かっこいいよ。
    こたろうが、あるじを選んだわけだ。
    涙が止まんないよ。

  28. またまた泣いてしまいました(T_T)
    かんどーです。
    ついつい自分の子と比べてしまう・・・
    そんなふうに逝ってくれるのかなぁ???って・・・
    幸せだったよって逝ってくれるかなぁ???って・・・
    これからもがんばります!!!(^-^)

  29. 更新ありがとうございました…もう涙涙です。本当こたくんはスゴいです。私はこたくんがこの世にいない事が悲しくて、毎日思い出しては涙が出ちゃいます。夕べも布団の中で涙が…全てが感動しました…今回の更新の内容、やっぱりこたくんはちゃんと全てを分かっていたのかな。アッパレですね。私は会ったこともない、blogの読者の一人ですが、あるじさんの文章の魅力、コタくんの綺麗な写真に惹き付けられ、毎日必ずお邪魔していました。今も元気なコタくんに会いたくて毎日過去blogを見ています。あるじさん、今は落ち着きましたか!?やはり毎日いたはずのコタくんが居ないだけで恋しいですよね。あるじさんのご家族達も本当に素敵で羨ましいです。こたくんは今頃何をしてるのかな~?きっとあるじさんのそばにいるんだろうな。姿は見えなくてもあるじさんを守ってるんだろうなあ。素敵な話をありがとうございました♪また是非とも更新して下さい。あるじさん、こたろう君大好きです!!

  30. あるじさん、更新してくださってありがとうございます。
    こたさんの生きざまカッコいいです。
    こたさんのちょっとおとぼけの笑顔が目に浮かびました。
    会ったことのないこたさんだけど、会いたくて恋しくなりました。

  31. 記事を読んで涙が止まりません・・・
    言葉が通じなくてもあるじさんとこたろうくん、しっかり心が繋がっているんですね。
    こたろうくんさすがです!男前すぎます!

  32. ありがとう、あるじさん、こたろうくん。
    ワンちゃんを飼う、いや、ワンちゃんと暮らしていく大切さを
    学びました。
    おふたりには、かなわないけど、コロンとふたり
    こつこつ生きていきます。

  33. お二人の引っ越し、いつも、タイミングいいなーと、
    思っていたんです。
    こたろうくんの、すじがきだったとは !!
    お別れの2日間、青空だったんですね、これも、
    あるじさんと、こたろうくんらしいな。
    こたろうくんの、大きな愛情に、また涙です。
    でも、今日のは、昨日のとは違うような気がしてます。
    あるじさん、前を向いているんですね。
    少しほっとしました。
    一番大変なあるじさんに、励まされてるなー。
    こたろうくん、あるじさん、ありがとう♪

  34. 更新ありがとうございます。
    あるじさん どうしてるかなあ 大丈夫かな と毎日思っています。
    何年もこたろぐを毎日見て、幸せな気分で眠るという生活をしていたので
    今は、過去ブログを遡って 元気なこた君に会っています。
    以前 このブログの前のブログで、こた君とあるじさんの出会いを知りたくて探したのですが、見つけられませんでした。
    差し支えなければ、また あるじさんが話してもいいな と思われたら、
    こた君との出会いの話をお教えいただけないでしょうか?
    勝手なお願いですみません。
    今日の こた君のすじがき にやられました!
    全国のこたファンもそう思っているでしょうね。
    私も こた君が恋しくてたまりません。

  35. 今日も更新してくれたんですね!
    びっくりだけどうれしいです。
    引越ししてなかったらあちこちこたろうくんがいて
    あるじさん気持ち大変だったよね〜
    ソファも外見変わったし、色々新しくしたもんね
    もし、こたろうくんがそう仕向けたのなら
    脱帽だね。
    あるじさん上手く操作されちゃったね
    虹も偶然かもしれないけど、それは気の持ちよう…
    あたしは虹の橋で絶対待っててくれてると思う。
    「あるじ、きたですか〜
    遅いですよ〜」って、待ってないフリした
    こたろうくんがいるよ!

  36. こた君はぜーんぶ解ってたのかな。手術後の徘徊中もこた君自身は自分を見失ってなんかいなかったんだね。
    こた君が虹の橋かけたのもそう。
    こた君パワーです。あるじさんや周りの沢山の方達の愛情を受けて。
    らふ=laugh、いいですね。ホントこたらふ君に合ってると思いますよ。

  37. あるじさん、こんばんは。
    私も思うんです。
    本当にワンコってすごいなって。
    第6感?第7感?、、、
    凄い力、不思議な力を持ってるような気がします。
    小さな脳ミソなのに、凄い色んなこと解ってて、
    解った上で、自分の持てる全てを主人に捧げる。
    本当は私たち人間が、ワンコに飼われてるのも
    知れませんね。(*^.^*)
    ワンコと一緒に暮らすようになってから、
    ワンコにどんなに育てられたか、、、
    しゃちょうさん、あるじ姉さんのコメント
    拝見させて頂きました。
    こたろぐには、たくさんの愛が溢れていますね。
    ずいぶん前から読ませて頂いてましたが、
    こたろぐに出逢えて、本当に良かった。
    ありがとうございます。
    こたろうくん、あなたは本当に凄いワンコだね。
    またこっちに帰ってくるの、待ってるよ♪(*^.^*)

  38. 帰ろうと思って何気に見たら更新してあって
    金曜日、夜ひとり残業のご褒美かな。
    お目目が真っ赤にならないように
    するっと読んで・・・。
    じっくり読むのは後にしよう。
    みんなに愛されてこたさんすごいな。
    勿論、一番愛しているのはあるじさんだけどもね。

  39. なんか不思議な気持ちです,あるじさんの文を読んでいると、あんなに辛くて悲しかった気持ちが少しずつ浄化されて行くような感覚がして、、、
    あるじさんありがとう
    出来ることなら、これからもブログ続けてほしいです

  40. こたろう君はらふでいて、男前
    そしてとってもお利口さんでカッコイイ!
    みんなの事大好きだったんですよね
    あの虹はこたろう君からのプレゼント
    いつまでも男前

  41. こたろう君と、あるじさんの出逢いって。
    どんなんだったんだろうって。

  42. ご報告。奇跡の犬。別れの日。
    全部読んでたのですが、ちょっと受け入れられなくて
    会ったこともないこたろう君なのに
    お会いしたこともないあるじさんなのに
    どうしても受け入れられなくて。
    お二人の関係は本当に羨ましいです。
    こたちゃんは、たぶん、その2つの虹を渡って、
    あるじちちーの夢にも出現して、
    あるじさんがもうちょと落ち着くまでそのあたりで見ててくれる気がします。
    あー、たまんないなぁ
    生き物である限り寿命はある。
    でも自分より先に逝ってしまうということを受け入れないとですね
    こたちゃんはあるじさんのことをいっぱい考えてくれてましたね。
    実は実父が今年去りました。
    家族の今後ばかり考えて全部準備して逝きました。感謝です。
    こたちゃんは、男の子ですね。同じような男らしさがあったのだと思います。
    こたちゃん、安らかに。
    生まれ変わっても、たぶん、またあるじさんと会えますね。
    前世で関係が深いと来世でも会えるとか。
    あるじさん、頑張ってください。こたちゃんがいつもそばにいてくれてると思います。

  43. あるじさん更新ありがとうございます。あの今更ですが、ブログのコタくんの白タンクのお写真が大好きなんです。とても可愛いです。あちらでも白タンクのイケメンなんでしょうね。あるじさんまた更新待ってます。お身体気をつけてくださいね。

  44. そう思えるあるじさんはすばらしい。
    私なんかダメダメです・・
    いつまでもメソメソしているから。
    このブログを最初から読みたいと
    思います。

  45. あるじさん、更新してただきとてもうれしいです。
    あるじさんの、表現力といいますか、すばらしいです。こたさんのことを知り尽くしている。こたさんもあるじさんのことをわかっている。当たり前ですよね。
    あるじさんとこたさんですものね。
    また、こたさんのお話聞かせてください。あるじさんのお話も聞かせてください。

  46. あるじさん、ありがとう。
    こたさん、ありがとう。
    やっぱりこの言葉がすべてです。
    本当にありがとう。

  47. あるじさん。こんばんは。
    子供も親を選んで産まれてくると、
    言われています。
    こたろうも同じことだと思います。
    この人に巡り会えたのなら。。。
    こたろうは、あるじさんに
    巡り会えて、
    本当に幸せだった。。。
    そして、あるじさんも、
    人生の何年かを、
    こたろうのためにと、
    生きてきた。。。
    言葉にしなくても
    伝わることは沢山あります。
    ただ、
    こたろうは
    かっこいいなー!
    あるじさんは
    本当に、愛されていたね。

  48. あるじさん、更新ありがとうございます。
    私もまた泣いてしまいました~。
    でも、悲しい涙じゃないです。
    感動の涙。
    こたちゃんはホントすごいですね。
    ウチのワンコは一緒に暮らし始めて来月でやっと1年。
    大病こそしてないけど、ちょいちょい色々あります。
    でも、これも何か意味のあることなのかもしれないですよね。
    そんな風に感じることができる日が来ればいいな。
    これからもっとワンコの伝えようとしていることを感じ取って、
    もっともっと絆を深めていきたいと思いました。
    あるじさんとこたちゃんにはまだまだ及ばないけど(苦笑)
    今日のお話はステキなお話でした。
    また色々聞かせてくれたらうれしいです。

  49. も〜あるさんが記す事全てがそう思えてなら無い。
    うんうん。って。
    こた〜とらじと遊んでる?
    いっぱい美味しい物食べれてる?
    本当に人の気持ちを理解し過ぎている少年ですよね(^^)
    素敵な男やね♪

  50. こんばんわ
    まさに、出逢うべくして出逢った
    1人と1匹だったのですね。
    見て出逢うではなく、お互いの感性で!
    人同志でもない奇跡ではないでしょうか?
    ホントに何から何まで奇跡の犬ですね
    こたらふは!

  51. こんばんは あるじさん
    こたちゃん やっぱり すごい子だったんですね
    どれもこれも とても偶然とは 思えないことが
    こんなにもたくさん。
    すべて こたちゃんのすじがきなら 納得できるかも
    ずっと 心地よい 楽しい毎日を くれたあるじさんに
    こたちゃんの せいいっぱいの 最期の贈り物 だったのかな。
    自分が いなくなった後のことまで 考えたとは さすが^^
    あるじさん こたちゃんの分まで 美味しいものいっぱい食べて
    どうぞ お身体ご自愛くださいね。

  52. こたろうくんはやっぱりすごいね。
    あるじさんとこたろうくんの愛で溢れたこのブログが大好きです。
    あるじさんとこたろうくんは、みなさんが想っていらっしゃるように私と息子のお手本です。
    あるじさんとこたろうくんのおはなしもっともっと聞かせてくださればとても嬉しいです。
    こたろうくん、いつまでもいつまでも大好き!

  53. 更新ありがとうございます!
    また泣いちゃいました。
    こたらふさんもあるじさんも本当にステキです。
    出会うべきして出会ったんですよね。

  54. あるじさん、こんばんは
    ブログを読んで胸が一杯になりました。
    もっと、もっと、伝えたいのにごめんさい。
    言葉になりません。

  55. 「虹の橋」、私も随分と残された人に都合がいいなぁ
    と思いながらも、自分がいざお別れの日を迎えたら
    あっさり受け入れ救いを求めるんだろうなぁとも
    思ってます。
    大切な仔達が、待っていてくれるのか、見守ってくれてる
    のかなんて分からないけれど、こたろう君が、自分を愛おしく
    大切に思ってくれた人達に残したプレゼン卜は真実だし、
    それだけで十分過ぎる「ありがとう!」だと思います。

  56. あるじさん。ありがとう。
    何度読んでも涙、涙です。
    こたろうくんと暮らした日々を、これからも教えて下さい。
    うちにはたらい回しになり、成犬になってからうちの子になったミニチュアダックスがいます。彼ともいつか別れの日がくるんだと改めて感じました。
    出会いと別れはセットなんですね。
    それまでを精一杯幸せにすごそうと教えてもらいました。

  57. あるじさん、更新ありがとうございます。
    恋しいですね。こたろうくんにお会いしたことないですが恋しくて自然に涙が出てしまいます。
    あるじさんの想い心にジンと響きます。
    またあるじさんの想いを聞かせてくださいね。

  58. あるじさん こんばんは。
    こたろうくんの すじがき…
    また泣いてしまいました。
    こたろうくんへ
    本当に こたろうくんには 教えられることばかりだよ。
    自分の生きてきた過去を振り返ると…
    何か恥ずかしい。
    こたろうくんみたいに 生きたい…と思ったよ。
    もっと強くなろうと思ったよ。
    いつも笑顔でいなきゃ…と思ったよ。
    泣き虫克服しなきゃね。
    私にも色んな事たくさん教えてくれて
    ありがとうね。
    私はワンちゃん飼っていませんが
    いつか こたろうくんみたいな素敵な旦那さん
    見つけなきゃ。
    こんな素敵な人いないだろうけどね(笑)
    そして こたろうくんみたいな子と巡り会いたいです。
    そんな日を夢見て 頑張るね!
    あるじさん 今日の更新ありがとうございました。
    また お話し聞かせて下さいね。
    ゆっくり休んで下さいね。

  59. 今日も素敵なお話ありがとうございます。
    こたさんは最期まですごく男前でしたが、私はあるじさんもすごくかっこいいと思ってます。
    いや、かっこいいとも違う(すみません)、なんていうか本当に素直にまっすぐに、ただこたさんを想っている、そんな気持ちが溢れているあるじさんのこのブログが大好きです。
    こたさんは大空をかけまわってますよ。

  60. 何とか穏やかな気持ちで過ごせている様子で安心しました。
    こたろう君の筋書き通りですね。こたろう君のこだわり・・改めて感じました。
    laugh最後の微笑み・・ してやったりの微笑みですかね・・やっぱり
    どういう経緯で前の飼い主からあるじさんのもとにきたのかとか血管肉腫以前のこたろう君のことをあまり知りません。
    あるじさんが思い立ったらこたろう君の犬生をまた「こたろぐ」で振り返ってほしいなーなんて思っています。
    もしそうなったら毎日でも訪問させていただきます!
    先住犬の命日が10月14日・・もうすぐで1年です・・・8才という若さでした・・
    過ごした時間も考えたら早いですが、いなくなってからも早いです。
    私は時間がかかったけれど・・・ あるじさん、お身体に気を付けてこたろう君との思い出で幸せな時間を過ごしてくださいね。
    こたろぐ更新ありがとうございました。いつでも待っています!

  61. あるじさん、こんばんは。
    私もあの日、二重の虹の橋を見ました。
    ああ…こたさん、今あの橋を渡ってるのかなって思いながら。
    秋田犬のサリーは、兄貴が実家に帰って来るのを待って、家族全員に看取られて逝きました。
    雑種のバウは、逝く前に私を起こしてくれたのに、私が寝てしまって独りで静かに逝ってしまい…。
    バウは捨て犬で…優しいコやったから、私に挨拶だけして、私と母親の泣き顔を見たくなかったのかな…。
    ミニチュアダックスのラブは、私のお腹の我が子が寂しくないように一緒に逝きました。
    出逢いも別れも、全てワンコ達が選び決めているのかもしれませんね。

  62. あるじさん、こんばんは。
    そりゃね・・こたちゃんとあるじさんの歴史があるんですもの
    こたちゃんは、あるじさんを攻略してますよ。
    毎日、あるじさんを・・ねーちゃんだけを観察してたんですもの。
    私も、こたちゃんの微笑みは・・ドヤ顔に見えました
    津波のような・・あるじさんの恋しさが伝わって。。
    こたちゃんは、もう自由ですよ。
    少し不自由になった体とお別れして
    すこーし上目遣いに あるじさんを見ているかな?
    おとーとのようで、にーちゃんだったのかもしれませんね^^

  63. あるじさん、こんばんは。
    あるじさんの体調はいかがですか?あまり無理されず、心もゆっくり休めてくださいね。
    自分もチョコタンダックスの飼い主だからか、余計にこたくんとのお別れが胸に染みます。
    もうこたくんに会えないと思うと、とても寂しいです。
    今頃は、その虹の向こう側で段ボールファイトでめいっぱい楽しんでるかもしれませんね。
    私にとって、今のチョコは三代目で、一代目は自分が子供の頃、二代目は五年前に亡くしました。二代目は自分が体調を崩した頃、いつも心配そうに私の後をついてきてくれ、ずっと見守ってくれていました。私が回復した辺りから、今度は彼の調子が悪くなり、徘徊も増え、目も見えなくなっていきました。
    今思えば、私が良くなるまで頑張って待っててくれたのかなあと思います。
    犬って、人間では到底敵わない、無償の愛情で包んでくれているように感じること、ありますよね。
    あるじさんの日記を読んで、そんな風に感じたことを思い出しました。

  64. こたろうは、いろんな意味で奇跡のワンコであり、天使だね。
    全て、あるじさんのために出来る限りを尽くして、
    全身で信頼&愛情を伝えていったんだね。
    毎日、夜こたろぐに訪れ最近の記事を何度も何度も読み
    何度も涙を流し、こたろうの思い出に浸っています。
    でも、あるじさんの書く文章が好きな私は、あるじさんの言葉で
    少しずつ心の穴を埋めていっています。
    あるじさん、またね

  65. こたろう君て、知れば知るほど、本当に奇跡の犬だったんだなぁ。
    よく、ソウルメイト、なんて言いますが、私はまだそういう体験をしたことがありません。
    なのですが、あるじさんとこたろう君を見てると、これがまさしくそうなのではないかと思わされてしかたがないのです。
    こたろう君がまるっと忘れても、またきっとあるじさんと必然的に出会う気がします。
    気が向いた時でよいので、また、こたろう君とのすてきなエピソード、聞かせていただけたら嬉しいな、って思ってます。

  66. こたろぐが、あるじさんのブログになればなるほど、心にささるというか、小説を読んでいるようです。こたろうみたいに、日本名にしたくて真似した我が家のぶんた。まさかのlaughが入ってたなんて完敗やわ。 こたろうが亡くなった日は正直お盆にやりよったな と思いましたよ。やっぱり寂しがり屋じゃないかよと思います
    したり顔かぁ そうなんかな?(笑)

  67. 綺麗な虹ですね
    こたろうくんどこらへんを歩いてたのかなぁ
    小さな体で、全身全霊であるじや家族さんにとても深い愛情を残していってくれたんですね
    ほんとうに優しいこたろうくん。
    いとおしいです。

  68. あるじさん、更新ありがとうございます。
    人それぞれ悲しみや喪失感や次のステージ行った子を思う気持ちも色々。
    ただただこたちゃんには勇気を貰いました。
    感謝
    犬のうた〜ありがとう〜
    エイジア エンジニア
    こたちゃん、とっても幸せだったね。

  69. あるじさん、こた君が逝ってから毎日寝る前にブログを拝見して涙しています。
    なんだか、あるじさんの気持ちもこた君の想いもものすごく良くわかって、不思議なんですけど人ごとと思えない気持ちがしてしまいます。
    待ってなくていいって言っても、こた君は今もあるじさんのそばにピッタリくっついてますよ。ニコニコしながら見てますよ。
    触れることはできないけれど、あるじさんとこた君は今もこれからもずっと一緒なんだと思います。

  70. こたくんの架けた虹の橋すごく綺麗ですね。
    不思議な力を持った奇跡の犬、こたくん
    やさしくて、かっこいい
    すごい。
    愛されてますね。あるじさん。
    言葉はなくても、気持ちが通じるんですね。
    またまた、感動しました。
    素敵なお話ありがとうございます。

  71. こたちゃんは本当に優しいコですね。
    あるじさんの愛情をたっぷり受けて育ったからですね。
    あるじさんこのブログこれからも続けて下さい!
    もっとこたちゃんの話聞きたいです。

  72. あるじさま こんばんは。
    更新ありがとうございます。
    お二人の繋がりとかお互いを思う気持ちとか
    本当に輝いています。
    あるじさまとこたろうくんの出逢いや
    その通じあった気持ちとかが奇跡ですね。
    それにしてもこたろうくん
    あなた本当に凄いわ!

  73. あるじさん、こんばんわ。
    あるじさんが、何か決断する時は、全てこたさんの為でしたが、振り返ってみれば、
    それは、あるじさん自身の為でもあったんですね。
    こたさんの筋書き通りでしたね。
    あるじさんが出来ない決断をこたさん自身が決めて、突然居なくなって、あるじさんが悲しまない様に、心の準備期間を設けて、家族のみんな一人一人にお別れの挨拶をして。
    そして、旅立ちの時、最期の時をあるじさんと過ごせる時を選んで。
    そんな事って!ただ、ただ感動!で、心が震え、涙が止まりませんでした。
    こたさんは、奇跡の犬。それを育てたのは、あるじさんとあるじさん御一家。
    素晴らしいご家族のですね。奇跡の家族です。
    今日のブログ、あるじさんの今の気持ち、本当に良く伝わりました。
    ありがとうございます。
    こたさんのお写真が無かったのが、あるじさんらしいなぁー。

  74. あるじさん、こんばんは。
    素敵なお話聞かせてもらってありがとうございます。
    こたちゃんはホントにステキなお方ですね!
    ホントに何もかも筋書きがあったかのよう…
    最期のこたちゃんの穏やかなお顔が全てを語っていますね。
    あるじさんに然るべきして出会ったこと。
    あるじさんの周りの方々の理解と協力。
    こたちゃんが血管肉腫というとんでもない賭けをかましたけど大勝利を収めたこと。
    あるじさんが心の準備が出来るように少しずつこたちゃんも準備していたこと…。
    急に居なくなってもしばらくは暑い季節が続く、真夏にお別れをしたこと。
    冬にこたんぽが急に居なくなったら寂しさ寒さ倍増ですもんね。
    そしてたくさんのサインを拾い上げていたあるじさん。
    この筋書きにたくさんのワンコや飼い主さんが救われたのでしょうね。
    私もその一人です。
    あるじさん、以前のブログ?はもうなくなっちゃいましたか?
    イラストブログだったような…
    たしか6年くらい前はまだ見れてたと思うんですが…
    私もむかーしこたろぐを見つけた時に読み返しただけなので
    またよかったらこのこたろぐで、あるじさんとこたちゃんが出会った頃のお話など聞かせてもらえませんか?

  75. あるじさま、遅くに、すいません。
    本当に、こたろふくんに出会う運命だったんでしょうねぇ
    出会うべきして、出会った相手なのですね。
    きれいな虹ですねぇ!!こたろふくんがあるじさまと
    お姉さんに用意したサプライズでは?
    そうだとしたら、こたろふくんやっぱり男まえ過ぎる。
    素敵なブログありがとうございます。
    まだまだ残暑続いています、お身体無理しませんように。

  76. 奇跡の犬!
    ほんとにこたろうくんはかっこいいです!
    ダックスを飼い色んな人のブログを読み始めて、こたろぐに出会えて本当に良かったです。
    こたろうくんが亡くなってしまったのはとても悲しいけど、このブログのファンで良かったっていう思いの方がなぜだか強いのです。
    あるじさんは嫌がるだろうけど、書籍化とか映画化されそうなこたろうくんの犬生ですね。
    うちの実家のわんこも、たまたま私が有休取ってた日に亡くなったのを思い出しました。
    おかげで1年間ケンカしてて電話もしなかった母とちょっと和解できたんです。
    こたろうくんには及ばないけど、プチ奇跡の犬だなぁ。
    虹の橋かあの星か天国かどこかでチョコレート色のかっこいいダックスさんに会ったらよろしくね!って言っておきました。

  77. 日にちは記憶にないのですが、仕事中に「二重に虹が出てる」と呼ばれ、
    外に出て虹を見ました。虹を見るのは久々だったので、綺麗だったのを覚えています。
    あるじさんが見た虹と同じ虹だったのかな。
    人間が亡くなる時もですが、病気で亡くなる時に他の家族に手を掛けさせるのは、家族に心の準備をさせる為だと言いますよね。
    事故などでいきなり消えてしまわれると、家族は受け入れられず立ち直るのに時間が掛かると言います。
    こたさんは、最期の1ヶ月で、あるじさんに受け入れの準備をさせてくれたのですね。
    本当に凄い(*^^*)

  78. すごく久しぶりにおじゃまさせていただいて、えっ!?って目を疑って、ブログをさかのぼって読ませていただいて、涙止まりません。こたくん&あるじさん&あるじさん一家のみなさん、がんばったね。おつかれさま。精一杯の優しさを私もおすそ分けしていただきました。ありがとう。こたくんの最後の笑顔…反則ですよ。辛すぎます。でも苦しい顔はもっとツライですね。幸せだったから笑顔なんですよね。(動揺していて支離滅裂でごめんなさい)
    実は今日しゃん&みる のことで家族と大喧嘩をしました。喧嘩している場合じゃないですね。しゃん&みるがいる当たり前の生活に感謝しなくちゃいけないですね。気づきをありがとう。
    虹の橋を渡るときは必ず来るのだけど、こたくん&あるじさんのような素敵な最後の一瞬を過ごしたいと痛感しました。こたくんが天使になった生活はツライと思いますが、お身体気をつけてくださいね。ご自愛ください。
    こたくんが空の上で元気いっぱいたのしく走り回っていますようにお祈りいたします。

  79. あるじさま、こんばんは。
    なんか…本になりませんかねえ〜〜ってくらいブログだけではもったいない文章。
    小さな小さな身体で精一杯の「生きる姿」を見せつけてくれたコタロウくんの姿と
    あるじさまの看病に、色々教えられました。
    すじがきどおり???
    1枚も2枚もうわてだったのか〜〜コタロ〜〜〜〜〜!!!
    更新ありがとうございます。
    またの更新を楽しみにお待ちしております。

  80. あるじ様こんばんは
    こたろう君は最後に二重の虹まで見せてくれたんですね。
    私がこたろぐのブログにたどり着いたのは
    6月中旬頃、お友達のワンちゃんが壊死性髄膜脳炎になった頃
    こたろぐに出会いました。
    最初の頃、こたろう君が鼻血だらけになっていたり
    ふらんけんになっていたりとびっくりの毎日
    こたろう君があまりにも童顔なので、まさか10歳超えているの?とまたまたびっくり
    こたろう君がいっぱいあるじ様に準備して
    すじがき通りに行動していたんだね
    私は”虹の橋”という話を全く知らず何も考えず使ってしまっていました。
    あるじ様の”恋しい”の気持ち
    看取ったこと、こたろう君のしたり顔
    こたろう君の気持ちが全て伝わりましたね。
    今あるじ様が自宅勤務になった頃まで読ませていただいています。
    私も出会った頃のお話聞いて(読んで)みたいです。
    落ち着いたら、気が向いたら教えてください。

  81. あるじさん お空のうえのこたろうくん
    おはようございます
    こたちゃん
    貴方は どこまでも すごいね!
    綺麗な虹が2本重なって
    心から あるじさんを
    ご家族を
    愛してたんだね
    こたちゃん!
    すごいよ!
    偉いよ!

  82. こたらふは すごっくあるじさん思いの相棒だったんですね
    ちゃんと 居なくなった後のことまで考えて逝ったんだ
    一つ一つ叶えた願いは あるじさんへの 感謝の気持ち
    全身で 現したんだろうなぁ
    いままで全力でありがとう 幸せない犬生 送らしてくれてありがとう
    周りのみんなにも 感謝の気持ちを伝えたんだろうね
    血管肉腫の仲間には プチ記念日を更新し 今後のことも考えて 夏休み中に 旅立って行った
    そして16日の抜けるような青空と綺麗な虹 出来すぎだよ こたちゃん
    最期の あるじさんに お礼だったかな
    過ぎ去った後も 君は 奇跡の犬だったね
    う~ん あるじさんも完敗だよ してやられたり
    でも そのお陰で あるじさんは 君を失った 寂しさ乗越えていけるよ
    あるじさん 更新ありがとう
    毎日の日課はまだ止められず 一日の始まりは こたろぐです
    過去を一月づつ にんまりしながら 読んでます
    ちょうど 2010年の夏休み
    ちちーの青い芝生 ははーの 綺麗なお花 めいーちゃんとはしゃぐ声
    できれば この風景の見える所に 眠らせてあげれたら と思います
    あるじさんのために もう少し 暑い日が続きますように 祈っています
    水分補給だけは 小まめにしてくださいね 
    また 会いに来ます

  83. こたろう君、やっぱりすごいですね。すご過ぎてカッコ良すぎて、涙が止まりません。最期の表情は「laugh」で決めたこたろう君。こたろう君は自分の生きる道をちゃんとわかっていて、最期は本来のこたろう君に戻って「らふ」であるじさんと笑ってお別れして逝ったのですね。そして虹。これって偶然じゃないですよね。こたろう君からあるじさんに送った最後のメッセージ。気づいてくれて良かった、とこたろう君ニンマリ笑っていそう。すべてが繋がって二重の虹が出て正に奇跡の犬にふさわしい最後たったのではないでしょうか。

  84. あるじサン
    こたさんはいろいろ考えてたんですね~
    すごいなぁ…
    ブログ読み返して見てるとこたさんの笑顔がたくさんありました。
    あるじサンが大好きで一緒にいるのがこたさんの一番の
    幸せだったんですね!!

  85. こたろすごい
    いいやつださすがだ男前
    ありがとう、ただただありがとう

  86. こたちゃん、
    こたちゃんてホントは天使だったんじゃないの?って思ったよ。
    あるじさんとあるじさんの大切な人達にたくさんの愛と幸せを与えて、
    私たちはあるじさんを通して幸せのおすそ分けをもらって
    たくさんの大切なことも教えてもらって・・・
    最後まで全身であるじさんのために戦って、任務完了!って
    お空に帰って行った気がするよ。
    あるじさん、
    素敵なお話ありがとうございます。
    こたちゃんの「すじがき」脱帽です。

  87. ほんと、物語を読んでいるように
    ブログを拝見させていただきました。
    深い絆と愛情いっぱいの
    あるじさんとご家族と周りの方々
    そしてこたちゃん。
    私達家族も愛犬とそんな関係になれるよう
    努力し、愛犬が決める「その日」まで
    悔いなき犬生を送ってもらえるよう1日1日を
    大切に過ごそうと心に決めました。
    今日も こたろぐ 読めて嬉しいです。
    あるじさん ありがとう。

  88. 会ったこともないのに3年前からただ似ているというだけで
    親しみを勝手に持ち毎日みに来ていました。
    トレーナーさんの言葉より、こたろぐみて解消される事も
    多く大きな存在でした。
    お二人の周りにはたくさんの方の愛がありますね。
    あるじさんかっこいいです。
    こたろうくんもかっこいいよ。ずっと大好きだもの。
    あるじさん、くれぐれもお身体には気を付けて下さいね。

  89. しょーがないな、最後の1回だよ。
    「待つ」とか「見守る」とか全然要らん。
    あとでこっちが探しに行くから
    この言葉に、こたろうくんがあるじさんを、
    あるじさんがこたろうくんを思う、
    さらりとした、でも、ものすごく深い愛情を感じました
    ふたりはとっても似ていますね

  90. 「すじがき」。我が家にも15歳のマックがいて、手術をした日もあって、うん、うん、そうよね、そうよねって泣きながら読みました。こたらふ君との出逢いは、私にとっても偶然でなくて必然だったなあって感じます。ありがとうございます。

  91. あるじさん、こたちゃん おはよぅございます。
    昨日”すじがき”を読んでて・・・そうなんだろぅなぁ~~と思って眠りに
    つきました。
    大事な事は 後で気付く。。。まさに そんな感じなんだろぅなぁ。
    手術した後 まさか?何で?手術したのに・・・って思いながら
    あるじさんの文章を読んでた私が居ました。
    あるじさんが漏らした『だめかもしれない』の言葉を何度も振り払うかの様に
    毎日祈ってました。
    でも、今あるじさんの思いを読むと そぅなんだろぅなぁ・・・と思いました。
    余りにも一緒に居た時間が長過ぎて あるじさんの事を想って そうしたのかなぁ~と思います。
    あぁ・・・本当にそうなら こたちゃん本当に本当に凄いなぁ。
     
    自分の身体を張って あるじさんの気持ちを少しずつ 最期を迎えた後の事を考えて準備させてた。
    本当だね。最期の時まで笑って突然逝っちゃったら もっともっと前向きになれない。
    こたちゃんへの執着心が もっともっと強くなってしまう。
    介護という形で その染みついた日常生活を一変させ少しずつ別れの時を自覚させ心の準備をさせて
    くれたのかな。
    そして、たまに『ご褒美』を出してくれて『幸せ』をくれたのかな。
    全部 全部 あるじさんの事を知り尽くしている こたちゃんだからこそ・・・
    こたちゃんを全部 全部 知り尽くしている あるじさんの更に上手をいけたんだろぅなぁ。
    ”したり顔”(笑)ホントにそうなのかも?
    やられちゃったなぁ~。またまた こたちゃんにノックアウトです。
    『あるじ~!へへぇ~ん!参ったですか?』・・・尻尾フリフリ笑顔の こたちゃんが
    ちょこーんと あるじさんの足元で得意げに見上げてそぅです。

  92. 2ヶ月ほど前に、
    私が付いている訓練士さんが言っていたんですが、
    犬って飼い主に合わせた逝き方をするそうです。
    するとゆうか、その可能性が高いみたい。
    してやられますね、なんでも分かっているみたいで。
    こたくんは奇跡の犬ですね。

  93. あるじさん、またまた更新ありがとうございます。
    お2人の関係は本当に何と言うか…ステキです。
    憧れですよ!
    私も毎日を大切に過ごそうと思います。
    自分にもいつか必ずお別れが来ますもん。
    私もブログ始めて2人の記憶を残そうかな…と考えています。

  94. そうですね、やられちゃいましたね
    あるじさんの言うとおりです
    ふだんと変わらないひと月だったら
    あるじさんの手を煩わすことのないひと月だったら
    のこされたほうはたまらない。。。
    このひと月は、
    あるじさんの覚悟のための 周りの人すべてに気持ちの準備をさせてくれた
    ひと月だったのかも
    でもねこたろう、「我が家の軸」はこたろうだから
    これからが心配なのここにきてるみんな、あるじさんのこれからが。。。
    ぶつぶつ独り言言ったりしないように、
    COTA♂LOGに思ってること、内緒なこと書いてもらいたいなあ。

  95. あるじさん、こんにちは。
    犬は、自分が先にいくことで残された飼い主さんが悲しい思いをしないよう、生前にいろいろな準備をするそうです。
    虹がまさにそれかなあって思います。
    だってこの先あるじさんは虹を見るたび、こたろうさんのこと思いだすでしょ。
    私、小さな頃から犬を飼ってて、何回か悲しいお別れを経験したのだけれど、どの犬も決して私の目の前では亡くならなかった。
    私が帰ってくる10分前だったり、旅行中だったり。
    私の親が看とる事がほとんどでした。
    私が死に際を見ると立ち直れなくなるって知ってるから。
    頭の良いシェパードの時が一番まいりました。
    雨の中、急いで帰ると息を引き取っていて、泣き崩れる私の頭上に虹を見せてくれました。
    いつの間に雨がやんでいた。
    それからかな、虹の橋を信じるようになったのは。
    今でも虹を見ると思い出します。
    一番元気でかっこよかったシェパードを。
    私に思い出して欲しい姿を残して亡くなった犬たち。
    やはり、犬はすごいです。
    私の歴代の相棒たちとこたろうさん、きっと仲良く走ってる。
    そう思います。

  96. あるじさん、こんにちわ。
    何かの詩で、犬の短所は唯一人より短命なことと
    ありました。それ以外はパーフェクト。
    人生初のわんをなくして1年半。凍りついていた
    私の歩みが、やっと保護犬を迎えたり、新しい
    仕事を始めたり、ゆっくり進み出しました。
    時間があるじさんを導いてくれます。
    1日べったり一緒にいるのが犬にとって幸せとも
    限らないと最近思います。一緒にいられる時に
    思いきり喋って目を見て撫でて愛情を注いであげる
    ことで、留守の時間と相殺するような。
    だから、1人で寂しくさせたから病気になったのは
    絶対に違います。宿命だったんです。
    私が、ずーっと、あの日仕事してなかったら、すぐに
    病院に連れて行けて助かったかもと悔やんでることを
    母に何気なく話したら、そんなこと絶対ない!
    その子の寿命だったんたよと。
    ふっと心が軽くなりました。
    やっと、このお盆で天国に送れたようです。
    こんなに重くないと思いますが、こういう人もいるのです。

  97. あるじさん!!
    ものすごいすじかぎでやられちゃいましたね。
    人との出逢いと同じように犬もこの人の所へとかこの家に…と
    私達には見えないご縁があるのだと私は信じてますょ。
    こたちゃんを通して河原での犬仲間と知り合ったり、たくさんの
    繋がりができたはず。
    不思議ですよね?自分一人だけだったら、見知らぬ人に声かけるのも
    ためらうのにリードにつながれてる仲間がいるだけで会話もはずむなんて。
    笑顔にだってなれる。
    きっと、ぼくがいなくなってもしっかりな~
    にこにこ顔のこたちゃんが声かけてるみたいにキレイな虹でしたね。

  98. またまた涙です 
    素敵です あるじさんこたろう 
    美しい虹も素晴らしいです 
    こたろう~ こたろう~ 
    あるじ~ あるじ~
     
    毎日毎日何度もこたろぐ読ませていただいて感動しています
     
    あるじ様お願いがあります こたろうとの出会いをまた教えてください
     
    あるじ様の文字ひとつずつに感動しています
    ありがとう

  99. 昨日ブログを見て、感動しすぎてコメント出来ませんでした。
    こたろうくんは本当にかっこいいや!
    もちろんあるじさんも素敵過ぎます!
    こた♂ろぐ ありがとう♪

  100. 優しく、あたたかい
    気持ちになりました。
    あるじさん、
    ありがとうございます。
    二重の虹、
    そんなことってあるんですね。
    この世の中には不思議なことが
    いっぱいあります。
    こたらふの笑顔、忘れられません。
    こたらふ、ありがとう。

  101. どんだけ泣かせるーー!
    悲しかったり感動したりこっちは泣きっぱなしだぁ!
    「男前こた」は出来すぎじゃーん!
    ステキすぎ!
    こたちゃんは改めていろいろ教えてくれました。
    日々の当たり前は当たり前じゃない。
    最愛な子のそばにいられる幸せを日々かみしめなくちゃ。
    最期送り出す時、ああすれば良かったとかの後悔で泣くのではなく
    「私を選んでくれてありがとう」と言える、
    そんな毎日を積み重ねて生きたい。
    あるじさんからも改めて教えられました。
    「待つ」とか「見守る」とか全然要らん。
    あとでこっちが探しに行くから
    そっちはゼロから自由にやっといたらいい
    あるじさんの、そのどっしりした所も私の憧れです。
    それから、
    ブログのこたちゃんのキラキラ笑顔にも改めてウットリ。たまりません。
    こちらも笑顔になっちゃいます。
    ありがと、こたちゃん。

  102. そっかー。
    あるじさんコタ君を探してくれるんだー。
    それは安心だね。コタ君!

  103. あるじさん、こたちゃんにやられちゃいましたねー。
    こたらふ、やっぱり君はすごいなぁ。。。
    あるじさんとの出会いから別れまでのすべてが、すじがき通りな んて…
    それだけでも凄いのに、虹の橋の話を信じていないあるじさんに虹まで見せて。
    逝ってしまったあとの事まで考えてたんだなあ。
    きっと今頃、お空の上でもしたり顔してるね。
    こたちゃんに皆が完敗だよ。。
    あるじさん、更新ありがとう。
    あるじさんの言葉…文章…表現力…素敵です。大好きです。
    また、書いてくださいね。。
    私は毎日毎日、過去のブログを読み返してます。
    こたらふの『すじがき』を少しずつ楽しみに過ごしています。

  104. あるじさん、更新ありがとうございます。
    うちのコがお世話になった獣医さんが
    犬と生活したことのない人には信じられないことが
    犬との生活にはありますとおっしゃってました。
    うちのコも私の生活の変化に邪魔をしないように
    見事に、計ったように…逝ってしまいました。
    素晴しいわんことの生活を送れた私達って
    幸せですよね、あるじさん。

  105. あるじさんの「すじがき」を読んでいると
    こたろう君の最後の満足げな微笑みは「したり顔」だったんだって納得です。
    こたろう君たら、なかなかやるじゃない!
    最後に虹まで出ちゃうなんてカッコ良すぎよ♡

  106. あの日あるじさんが見た虹を、
    こたちゃんがとらじと牛君を抱えて渡っている姿を想うと、
    微笑ましくて可愛いらしくてたまりません。
    う~ん、あるのかもしれませんね虹の橋。
    そう思わせてくれる素敵な出来事ですね。
    またまた、こたちゃんにやられたっ。
    完敗ですね!

  107. あるじさん、こんにちは。
    すじがき・・・
    そうやったんですね、こたちゃんにやられましたね。
    ほんと、きれいな虹。
    偶然、あねー様と見た。
    偶然なのかな?
    こたちゃん、やるじゃない?!
    男前!

  108. こたちゃんはなんて愛情深い子なんだろう。
    あるじさんに虹をみせて…。
    ありがとうって言ったのかな
    虹のたもとで待つからね
    ゆっくり来てねって♪
    くすくす笑ったかな。

  109. 私も杏さんと同じ意見で、
    あるじさんとこたろうさんの出会った頃の
    お話を聞きたいな、と思っていました。
    こんな男前なこたろうさんを、もっともっと
    知りたいなと思いました。

  110. すじがき
    そうかも知れませんね
    こたちゃん、あるじさんに精一杯のメッセージとありがとうの気持ちを
    伝えながら旅立ったのかもしれませんね
    すばらしい犬生でしたね
    私たちに深い深い感動を与えてくれたこたログ、大好きです

  111. こたろうくん、あるじさま、ありがとう。
    大好きです。

  112. あるじさんこんばんは。
    お別れの日の最後のこたろう君はしたり顔
    だったのですね。。。さすが 奇跡の犬です。
    まるで映画のような ストーリー。
    でも、あるじさんあってのこのストーリー。
    やっぱり素敵すぎる。
    ありがとうございます。
    こたろう君 ありがとうね。

  113. 更新嬉しかったです。
    本当に素敵なエピソードが沢山ですね。
    これからも、また聞かせて下さいね。
    でも、ワンコは本当に黙って私達の事を
    見ていますね。心も全部見透かされてるような
    そんな気があたしもいつもしています。
    体いっぱいで愛情表現してくれて、本当に
    いつも癒されっぱなし。
    その半分も恩返しできるかどうか。
    うちのわんこ達も幸せだと思ってくれてると
    いいんだけどなぁ

  114. すべてこたちゃんのすじがき通り、そうかもしれませんね。
    今頃お空で、すじがき通りにいったこと、みんなに自慢してるかな。
    あるじさん想いの大事な大事な宝物でしたね。
    恋しいという想い、よくわかります。
    それほど愛しい存在でしたもんね。
    あるじさん、更新ありがとう。
    どなたかのコメントに、あるじさんの記事を読むことでぽっかり空いた穴が塞がっていくとありました。
    私も同じ。あるじさんのひとつひとつの言葉に癒されています。
    あるじさんも書くことで心が癒されていってればいいな。
    また待ってますね。

  115. 昨日読んだときは 泣いて泣いて、コメントできませんでした。
    ただただもう、こたさん、すごいよ、って。
    過去ログを読み返しては、思うことが多々あります。
    いろいろな毎日に加え、
    ぷち記念の13日やエコーや各種検査のたびに、
    あるじさんは、いろんな思いをしながら、
    奇跡への思いを積み重ねながら、
    ここまで来たんですものね。
    こたさんが、あるじさんに、全力で伝え続けたすばらしき犬生、
    すばらしすぎるすじがきです。

  116. あるじさん 「筋書き」「出来過ぎ」これは偶然の賜じゃなくて
    やっぱり こたろうくんとの信頼の積み重ねだと思いますよ。
    ここでコメントされている方々、皆さんほんとにペットじゃなくて家族として一緒に人生を共にしていらっしゃる。
    でも、ライフスタイルだって正直 経済面だったり と様々。
    でも、毎日 常に出来ることを精一杯 この思いはみんな共通していると思う。
    『こたろうさんと毎日こつこつと生きています』
    このフレーズがわたし大好きでねぇ。
    仕事しながらの 初めての 犬を飼うってことに テンバってしまい
    どうすればいいんだろうってなかで 出会った こたログ。
    なんだか、ふ~って肩に勝手に背負っていたものが抜けてね、
    当たり前の一日を当たり前のように一緒に生きるってこと それはやってもらってるとかしてあげてるじゃなくて 今日も一日よろしくねぇ~ 今日はどうだった?
    一日一日をその日その日なりに まあまあでいいから きちんと一緒に生きていこうって。
    あるじさんとこたろうくんの毎日は ほんと わたしのビタミン剤だった。
    こたろうくんの表情、あるじさんの言葉 大好き ほんとに。
    先日 やっと心のふんぎりがついたみたいなことコメントしながらも…だめですねえ 愛娘のももとななと同様にこたろうくんの存在は大きかったみたいです。
    昨日 会社帰りの電車で荒川を越えるとき ふと 花火大会のときのブログを思い出してね… 心の中で叫んでました「こたろうくん いつか会いたい!!会おうね」って。
    あるじさん 来週あたりから 最高気温も30度下回るみたいですよ、秋が近くなるのかなぁ。

  117. こたろうさんは、あるじさんに心の準備を
    させてくれたのでしょうか。
    これも、こたろうさんとあるじさんの
    強い絆なのでしょう。
    また、そう思えるあるじさんだからこそ
    こたろうさんはあるじさんを選んだのですね。
    “こたろぐ”を読む度に感動をもらっています。
    こたろうさんとあるじさんだけの秘密も
    たくさんあると思いますが、そうでない事は
    これからも知りたいです。
    こたろうさんとあるじさんが大好きです。

  118. (泣)
    超号泣です
    あるじ様
    とてもステキな話をありがとうございます
    虹がかかってたのですね
    お盆は東京にいなかったので見れずに残念!
    こたさんはスゴいですね
    虹までかけちゃうなんて
    ちゃーんとお空へ登れたかしら?

  119. こたろうくん、ありがとう。
    こたろうくんに出会えてよかった。
    最後の最後まであるじさんや周りを
    幸せな気持ちでいっぱいにしてくれる。
    ほんまにかっこいいですね。

  120. いいおはなしですね。 こたくんは最後の1ヶ月をかけて、ときおり感謝の行動をはさみながら
    残されるあるじさんに覚悟する時間をつくってくれたのでしょうか?
    私はそう思います。 

  121. 虹の橋あるとおもいますよ
    私も
    待っててくれるコができて
    生きて行くにがこわくなくなった
    すっごいご褒美が
    待ち望んでいた再会があることを知ってるから
    よくみえているんだろうなって思ったら
    あのコに恥ずかしい生き方だけは絶対できないって
    晩酌もへりました

  122. こたろう三昧!
    全てこたろう君に導かれていたのですね。
    あるじさん、ある意味で幸せでしたね。
    私たち読者もあるじさんを通じてこたろう君に導かれていたんだと
    思います。
    こたろう君に脱帽です。とても幸せな気持ちです。
    これからも、何度も何度も過去ブログを読み返してこたろう三昧し
    満喫したいと思います。
    でも、悲しいです…

  123. こたちゃん、すごいね。
    虹がきれい。
    こたちゃんが、いないなんてらまだ信じられないけど。
    幸せだったね。こたちゃんも、あるじさんも。

  124. こたさんとあるじさんが出会って起こった奇跡だったのかなぁ。
    あるじさんが探しに来てくれるのをこたくんはわかってるのですね。
    あるじー 虹の橋にいるよぉ~
    ちゃんとあるんだからね~探しにきてね~ってヒントをくれたのかもですね。
    前の記事の穏やかな笑顔のこたくん。。。
    今月のあるじさんのイラストの穏やかなほほえみと重なりますね~。

  125. こたくんの見事なすじがき。。。
    あぁ、そうだったなぁ~って思いながら読みました。
    こたlaughくん、お空でも笑顔で走り回ってね♪

  126. こんばんわ
    こたくんは最後まであるじさん想いで、あるじさんはこたくん想い!
    お互いがお互いのことを想いやって過ごしてきたんですね!?
    こたくんはあるじさんの願いをことごとくかなえてくれて、自然とあるじさんがこたくんの願いをかなえてたのかもしれないですね~
    でもこたくんはみんなの心にたくさんの優しい気持ちを残してくれた!
    頑張ったんだもんね~!
    こたくん~あるじさんが探してくれるって!
    かくれんぼ・・・楽しみだね(*^_^*)
    昔見たこたログのはじめからまた見てみようと思います(^^)/
    あるじさん・・・ちゃんと食べてますか?

  127. あるじさま。
    そんな風に受け取れるあなたは本当に素敵な人です。
    どなたかのコメントにもありましたが、
    きっと、あるじさんとこたろうくんは似ているのですね。
    ずっと、あなたが書く文章を読んでいたい。
    そう思いました。
    素敵すぎる二人に出逢えた事に感謝します。
    こたろうくん、あるじさん、本当にありがとう。

  128. あるじさん、おはようございます
    世の中には偶然なんて一つもなくて
    すべて必然の出来事なんだって考えると
    こたさん筋書き説、とても信憑性がありますね。
    あるじさんにとってはとても辛い時間だったの
    でしょうが
    心の準備期間を用意してくれたのだと思うと
    男前なこたさんらしい…
    一度でいいから会って見たかったなぁ。
    ご飯待ちの上目遣いや
    雷にバウワウ走り回る様や
    ベランダの隙間から覗く顔や
    愛らしいこたさんは私にとって
    永遠のアイドルです。
    あるじさんがいつか
    二人の日々をまとめた本を作ろうか…なんて
    考えてくれたらいいなぁと期待しています。
    あるじさんの気持ちの整理もつくんじゃないでしょうか。

  129. あるじさん、こたろうくんにやられましたね。
    私も、やられました。
    今私も過去のブログを振り返って読んでいる途中ですが、
    あるじさんは幸せを見つけるのが上手な方なんだろうな~と
    思ってしまいました。
    お互いを大切にしてるのが、何気ない生活の中で見え隠れしていて
    心がほんわかします。
    こたろくんは、最期の最後まで大きな愛に包んでくれてたんですね。
    そう思ったらまた涙出て来ちゃいました。
    こたろくん、本当にかっこいいね!

  130. こたちゃんは使命を持って神様から遣わされてきた仔なのかな。
    愛情たっぷりに育てられ、周囲に笑顔を運んでくれたこと。
    可愛い楽しいだけじゃない、病気と闘う試練があるんだって
    教えてくれたこと。
    最期はこれでもかっていう程の奇跡を起こして
    心を震わせる感動を与えてくれたこと。
    そんなこたちゃんのパートナーにあるじさんが
    選ばれたのは必然だったのかも。
    感情的にならずに極力冷静で、いつだって
    皆のお手本になるような行動をとり
    人を惹きつける力のある文章でずっと
    こたちゃんを記録し続けてくれた。
    そのお蔭で私を含め、どれだけ多くの人達が強い影響を
    受けたんだろうと
    これから先だって、何かの検索で(病気のことを含め)
    ここにたどり着いた人達にこのブログは沢山の事を
    教えてくれるバイブルのような存在になると思います。
    こたろぐに出会えて良かった。
    奇跡とキラキラの「laugh」が詰まったこたろぐが大好きです。

  131. そうですね。
    体力的以上に精神的にきつかったと思う看病期間
    終りを望めば 死 を意味する
    ただ ただ 穏やかに と 願いながら 発作や室内散歩に耐え一緒に乗り越えようとした。
    その中で 男前なこたさんは あるじさんの望みを 叶えてくれた。
    それは 誰にでもできる事ではないと思う。
    人間さえも 出来ない。
    あるじさんの一文に 依存してたのは私の方 ってあった。
    ドキッとした。
    家族なんだから 依存するのは当たり前。
    ただ 哀しみから 抜けられるのだろうか?
    いない生活に耐えられるのだろうか?
    捜して捜して いない事を 心がわかってくれるだろうか?
    その為の 看病期間だったのですね。
    こたさん 身体を張りましたね。
    人生をかけたこたさんの愛情 それはあるじさんにむけてだけど
    私にも響いています。
    何にでも意味がある。
    辛い事があった分だけ いい事がある。
    めっちゃくちゃ辛かったけど 大どんでん返しですね。
    ありがとう こたさん そしてあるじさん。
    大切な事に 気づかされたような気がしてます。

  132. 先に逝く者は
    遺す大切な人の事を
    考えるんですよね
    後で思うと全てが不思議です
    私の地元でも同じ日に
    虹を見ました
    頭に浮かんだのはこた君
    彼は私の中でも特別な存在に
    なっていました
    あるじさん
    こた君との素敵な日々を
    おすそ分けしていただき
    ありがとうございました
    お身体をお大事に

  133. こたろう君、今何してますかね・・にこにこで走ってる?美味しいご飯を誰よりも速くたべてるかな?お空からあるじさんを見てるよね・・
    あるじさん、睡眠時間も少なく毎日大変な中こたろうくんの様子をアップして頂きありがとうございました。
    うちのわんこも同じような症状を一進一退で繰り返しています。
    私もあるじさんのように精一杯向き合っていきます。

  134. 読んでて涙が出そうになりました。本当に素晴らしいワンちゃんと出会えて良かったですね。

  135. 更新ありごとうございます。
    そうです!
    出来過ぎは当たり前です!
    なんたって、こたちゃんはミラクル犬なんですから‼︎

  136. 本当にこたろぐが大好きで。
    いつもニヤニヤしてこたろぐを見てたので他の方が何人も書かれているように
    心にぽっかり穴が開いたようになってしまってこたくんがいなくなった事を受け入れられない自分がいます。
    でも最期の様子を読ませてもらいあるじさんとこたくんがちゃんとお別れ出来た事。
    あるじさんがこたくんを思う気持ち。
    こたくんがあるじさんを思う気持ち。
    2人の絆に私も幸せな気持ちになりました。
    こんなにこんなにたくさんの人に愛されたこたくんはすごいワンコだね!
    今、横でスヤスヤ寝ているうちのこも今年で15歳のおばあちゃんワンコです。
    目標は20歳越えです!
    これからもいっぱいいっぱい愛情をそそぎます!
    こたろぐに出会えた事に感謝です。

  137. こたろうくんは、こたろうくんが書いた脚本通りに生き抜いたんですね。
    あるじさんを見抜いてたんだな♪
    偉いぞー!こたろうくん!
    亡くなった我がニャンコは、看護も介護もなく旅立ちましたが、10才で短命だと診断されてたのが22才3ヶ月まで生きましたから、12年間も私の心の準備をしてくれたんだな。。
    こたろうくんがあるじさんを選んでやってきたのは、間違いないですね\(^^)/

  138. こたろうさん
    ええこやな~!
    かしこいなー!
    ほんま、ええこやったな~。

  139. すごいぞ こたちゃん ほんとうにすごい
    もう 完敗です
    感動で心がふるえます。
    読んでいて 涙が あふれて あふれて 文字が見えなくなって
    それでも
    何度も 読み返して。。
     
    こたちゃん  本当に こたちゃんは奇跡のワンコですね。
    あるじさん
    ありがとうございます。
    本当に ふたりの 強い絆 
    すごいよ 完敗だよ
    こたちゃん。。 

  140. うちにもチョコタンのダックスがおりまして。
    ずっとこたちゃんの毎日を拝見しております。
    友達のコーギーTが、こたちゃんと時を同じくして
    闘病生活に入り、同じ時期に、亡くなりました。
    友達はまだ、Tのことを語ることはできません。
    もっと出来たことがあったのに。もっと優しくできたのに…と
    自分を責める毎日だそうです。
    あるじさんが、特別気丈とか、強いわけではないと思うのですが
    それでも読者に伝えてくれたことを、私は肝に銘じ
    今を大事にしていこうと思っています。
    あるじさん。本当に、真似のできないほどの看病 お疲れ様でした。
    こたろうも頑張ってえらかった。 本当に、えらかったね。

  141. あるじ様、更新ありがとうございます。
    またまた、感動の涙なみだです。
    こたろうくん、やっぱ奇跡のわんこだね。
    きれいな虹、虹の橋、偶然にしては出来すぎてる。
    やっぱりこたろうくんが虹の橋をかけて渡って行ったんだよ。
    空からあるじさんの様子を確認して。
    ボクのあるじは大丈夫。
    だってぼくのあるじだから、って。
    それできっと安心して天に昇っていったんだね。
    そのうちに時々また降りてきてあるじさんやあるじ母、あるじ姉の、夢に出てくるよ、きっと‥。

  142. こたろうさん・・・あんたの思い通りの最期やったのかもね。
    あるじさんも、ある意味うれし泣きかな?
    あなたには、『ありがとう』しか言えんかな。

  143. こたらふ
    素敵な名前です。
    きっと、あるじ様が呼ぶたびに
    言霊のように、こたろう君に幸せを降り注いできたことでしょう。
    アニマルコミュニケーションの本を読んだことがあります。
    こたろう君が旅立った時に、本に書かれていた実例?を思い出しました。
    壮絶な闘病をしている犬?と飼い主の会話を著者が仲介するんです。
    そのこは”飼い主が心配だから頑張ってそばにいてあげるんだ”と言うのです。
    飼い主は「つらいのをもう我慢しなくていい。楽になっていい」と言ってあげるのです。
    間もなくそのこは旅立ちました。
    こたろう君も当然心配だったはず。
    だから壮絶な1か月の中で、自分がいなくなった後の確認をしたのかも。
    何かあった時にあるじ様に差し伸べられる手を。
    うん、大丈夫そうだ。
    そう確認して、また出会う日までの心配を払拭してから旅立ったのかもしれないと
    勝手に思っておりました。
    あるじ様が感じた筋書、きっと正解なんだろうと思います。
    次の出会いも筋書の中にありますよ。

  144. ほんと!こたろう君には、かないません。
    飼い主との絆
    迷い犬(と思いたい)を保護し、飼い主を探して見つからず、うちの子になったMダックスのセル
    セルは散歩に行くと、お座りをして、通る人の顔を確認して確認して、探してました。
    1か月後は、自ら人の顔を伺いに行き探してました。
    半年間は毎日々探してました。
    少しづつ探す回数が減って、10か月かかって、探さなくなりました。
    きっと、犬は探してくれると思っています。
    犬に関しては虹の橋はなし信じられるなあと。

  145. 素敵な巡り合いですね。
    こたちゃんとの出会いはきっと偶然じゃなく必然だったのかな。
    そして運命も宿命も受け入れたからこそのすじがきなんでしょうね。
    虹の橋は参りました。
    こたちゃんかっこよすぎです。
    きっとこたちゃんのことだから虹の橋のたもとから時々あるじさんに会いに来ますよ。
    うちのこも来てくれましたから。
    くれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛くださいね。

  146. こたちゃんはあるじさんを
    ただひたすら愛してたんですね。
    大きな、大きな愛でしたね。

  147. こたクン
    あるじサン
    こんにちはッ
    こたクンは来るべくして
    あるじサンとこの子になったのねッ
    うちは
    知人のダックスをちぃさい頃から預かったりしてて
    なんとなぁく家の子になるやろなぁ
    思ったりしてて…
    んで
    6歳で家の子になりました。
    子供が出来たから…の理由でした。
    もう15歳なので
    すっかり我が子ですが。
    何を伝えたいのかわからんなってきたけど。
    こたろぐをみるたびに
    こたクンとあるじサンの日々を覗くたびに
    すべての子が
    大スキな人と
    幸せな時間を過ごしてほしい…て
    思てました。
    私自身も…

  148. きれいな虹の右下の雲・・・
    私には大空を元気に走り回っている
    こたろうさんに見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。